人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート7』公式サイトオープン、収録コースの一部や登場アイテムが公開

任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『マリオカート7』の公式サイトをオープンしました。

任天堂 3DS
任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『マリオカート7』の公式サイトをオープンしました。

『マリオカート7』は、その名の通り『マリオカート』シリーズ第7弾。今回は地上だけでなく、水中や空中でもデットヒートを繰り広げます。ニンテンドー3DSでは新たにカートのカスタマイズやジャイロセンサーを使った新操作など、シリーズ初の試みも多数取り入れられています。

もちろんニンテンドーWi-Fiコネクションによる対戦プレイもサポート。全8人で世界中の人と対戦が楽しめます。

また、前作『マリオカートDS』同様にダウンロードプレイ8人対戦にも対応。ゲームカードを持っていない人はヘイホーを操作して一緒に遊ぶことが出来ます。

さらにすれちがい通信を使ったゴーストデータの交換、いつの間に通信を使ったコミュニティ機能など、充実のゲーム内容となっています。

登場コースは、新コースが16、お馴染みのコースが16、全32コースを用意。従来作のコースは『マリオカート7』の仕様にあわせた内容になっています。

そしてアイテムに関しては「ファイアフラワー」「スーパーこのは」「ラッキー7」が新登場。

「ファイアフラワー」は一定時間ファイアボールを投げることが出来る攻撃アイテム。「スーパーこのは」は一定時間カートにしっぽがついてライバルを攻撃したり攻撃アイテムを跳ね返したりできる万能アイテム。「ラッキー7」は、7のアイテム(スーパースター、アカこうら、ミドリこうら、バナナ、ボムへい、ゲッソーなど)がカートの周囲に登場し、1個ずつ使うことが出来ます。

また、1位プレイヤーを攻撃するお馴染み「トゲゾーこうら」に付いている羽は無くなり、『マリオカート64』のように先頭のカートに追いつくまで他のカートにもあたるように仕様が変更されています。

なお、前作『マリオカートWii』で登場した「きょだいキノコ」「POWブロック」「カミナリぐも」に関しては、アイテム紹介ページを見る限りないようです。

『マリオカート7』は、12月1日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)2011 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体アップデート11.0.0配信開始―USB接続でPCへ画像・動画を転送可能に

    ニンテンドースイッチ本体アップデート11.0.0配信開始―USB接続でPCへ画像・動画を転送可能に

  2. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  6. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  7. 『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

  8. 『スプラトゥーン』はついに5周年! じゃあ『スプラトゥーン3』はどうなる? 予想・願望を書き連ねてみた

  9. 新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る