人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンボール アルティメットブラスト』は駆け引きが重要な「ストライクムーブ」「レンジシステム」を採用

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンボール アルティメットブラスト』の最新情報を公開しました。

『ドラゴンボール アルティメットブラスト』は、誰でも簡単にド迫力のバトルが楽しめるシステムを搭載したドラゴンボールアクションゲームです。グラフィックはもちろんパワーアップし、HDゲーム機ならではの美麗な画面でゲームを楽しむことが出来ます。さらに、大猿など巨大な敵とのバトルをも再現した「巨大ボスバトル」や、ドンドン壊れていくフィールドなど、ドラゴンボールらしさをとことん追求した究極のドラゴンボールゲームとなっています。

今回は本作のバトルシステムについてご紹介します。

本作で新たに採用された「レンジシステム」は、近接バトルになると「グラップルレンジ」、遠距離バトルになると「シューティングレンジ」の2つのレンジがあり、バトル中何度でもプレイヤーの任意で切り替えながらバトルを楽しむことが出来ます。

「グラップルレンジ」ではパンチやキックといった肉弾戦に。コンボが繋がれば大ダメージを与えることが出来ます。「シューティングレンジ」は、ドラゴンボールでお馴染み気弾を使って攻撃。離れている相手に気弾の雨をふらせよう。

攻撃方法は、相手のライフを大きく削ることが出来る「ふき飛ばし系コンボ」、相手の気力を削り動きを封じる「アサルト系コンボ」の2種類。この2つのコンボ攻撃が始まるキッカケ、コンボが繋がるかどうかは「ストライクムーブ」と言う読み合いで決まります。

例えば、プレイヤー側は「アサルト」(□ボタン)、相手は「ふっ飛ばし」(△ボタン)を選択すると、相手に攻撃を読まれなかったプレイヤー側の勝ちとなり「ストライクムーブ」成功。逆に相手が「アサルト」を選択するとコンボは繋がらずカウンター攻撃を受けてしまいます。

また「ストライクムーブ」だけでなく、必殺技を発動した際にも駆け引きが必要になります。相手が必殺技を発動した際、防御側は画面い表示された行動(「迎撃」「回避」「防御」)の中から、自分の気力に応じてどれかを選択することで大ダメージを脱する事が可能です。

その中の一つ「追撃」選ぶとこちらも必殺技を発動した「追撃ゲーム」がスタート。制限時間内にボタン連打で多く連打した方が勝利となり、カウンターで大ダメージを与えることが出来ます。

『ドラゴンボール アルティメットブラスト』では、この2つのレンジを使い分けることがとても重要となります。

『ドラゴンボール アルティメットブラスト』は、12月8日に発売予定で価格は7330円(税込)です。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)2011 NBGI
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  5. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  6. PSP『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』WEB限定“いけず”なCMを公開

  7. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  8. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  9. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  10. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る