人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】背面タッチでも遊べた、PSVita『ドリームクラブZERO ポータブル』を試遊

ソニー PSV

東京ゲームショウ2011にてPlayStation Vitaを試遊することができたので、その体験レポートをお届けします。

まずPSVitaを手にとってみた感想は、思っていたよりも軽く、そして画面が美しい!その場に用意されていたいくつかの試遊用ゲームをチラ見した印象では、描写に関しては据置機といい勝負をしていると感じました。ぬるぬる動いています。

今回試遊出来るゲームはいくつかあるのですが、選んだゲームは『ドリームクラブZERO ポータブル』です。『ドリームクラブ』は前々から興味はあったものの、実はこれが初プレイ。PSVitaはタッチパネルを搭載のため、色々な選択肢、たとえばホストガールを選ぶときも画面タッチだけでOK!直感的なプレイが可能なため、今まで以上にゲームの世界に没頭できそうです。

また、他のゲームでは背面タッチパネルを使った操作を試すことが出来ませんでしたが、『ドリームクラブZERO ポータブル』では背面タッチを使った操作も試遊することができました。例えば、オムライスにケチャップでホストガールの名前を書くミニゲームでは、右手でボタンを押してケチャップを出しつつ、左手の指で背面に名前を書いていくと、なかなかの難易度のもの。

背面タッチは、ただ便利というだけではなく、ゲーム性をさらに多様化するためにもぴったりの機能だと感じました。

他のゲームも少し触ってみましたが、左右両方についたアナログスティックがかなり使いやすく、特にアクション性の高いゲームをプレイする際には、操作のストレスが軽減できそうな印象を受けました。

このデバイスが追加されたことにより、いままではなかなか出なかったタイプのゲームも、今後多数リリースされそうですね。

個人的には、UMDが使えなくなることもあり、発売されても当面様子見の予定でしたが、今回の試遊で買う気満々になってしまいました。これから年末にかけてのリリースラッシュの中、サイフの中身がとても心配です。

『ドリームクラブZERO ポータブル』は、今冬発売予定で価格は未定です。

(C)D3PUBLISHER
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  2. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

    『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  5. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  6. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  7. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  8. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  9. 【インタビュー】『.hack//G.U.』発表10周年、CC2松山洋に“続編の可能性”を訊いた

  10. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

アクセスランキングをもっと見る