人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】伝説のF1ドライバー、鈴木亜久里も登場・・・『F1 2011』ステージ

任天堂 3DS

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
コードマスターズは、10月7日にプレイステーション3/Xbox360、8日にWindows PC、12月17日にPSVita、2011年中にニンテンドー3DSで発売を予定している『F1 2011』のステージイベントを流通パートナーであるセガのメインステージにて開催しました。

イベントには元F1ドライバーの鈴木亜久里氏と、現役スーパーGTドライバーの井口卓人氏そして、女子カート部の塚本奈々美氏が登場。最新作を紹介しながら、ゲームに挑戦しました。

F1では今シーズンから幾つかのレギュレーション変更が実施され、ブレーキのエネルギーを駆動に変える運動エネルギー回生システム(KERS)や空気抵抗を削減するDRSシステムが使用可能となりました。『F1 2011』でもこれらのシステムをゲームに導入しています。

亜久里氏はこうした機能について「僕が乗っていた頃とは全く違うシステムになっていて、当時は電気制御も殆ど無かったからね。今のクルマに乗っても分からないね、きっと」と笑いながら、「今のクルマは乗りやすくなった分、高いレベルの戦いが求められるようになっている」と話しました。

レースゲームを得意とするコードマスターズが開発する『F1』シリーズはリアリティを追求した作品として知られています。こうしたことからプロのドライバーにとっても『F1』は勉強になる作品だそうです。F1参戦を目指す井口氏は「僕は『F1 2010』を毎日やってF1に乗るイメージを勉強しています、いつでもなれるように(笑)」とコメント。亜久里氏も「知らないサーキットを事前にやると勉強になるよね」とのこと。昨年は小林可夢偉氏も韓国F1の前に練習として遊んだというエピソードも紹介されました。

ステージの後半では亜久里氏と塚本氏が『F1 2011』を使って対戦。井口氏が今年走ったというインドネシアを使って行われましたが「本当にそっくり」(井口氏)だとのこと。レーシングシートを使って行われたこの対決。先行したのは亜久里氏でしたが、ピットインのせいもあり、結局は塚本氏の勝利。罰として亜久里氏はステージの後にコードマスターズブースで居残り練習となってしまっていました。

プロも練習に使うという『F1』シリーズ最新作、是非お楽しみに。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

    『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スプラトゥーン2』ロングブラスターカスタムが登場―「カーリングボム」×「バブルランチャー」で暴れまわろう!

    『スプラトゥーン2』ロングブラスターカスタムが登場―「カーリングボム」×「バブルランチャー」で暴れまわろう!

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  6. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  7. 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』シナンジュやクシャトリヤなど「ガンダムUC」関連機体も続々登場

  8. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  9. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  10. スイッチ『星のカービィ スターアライズ』ドリームフレンズになってほしいキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1