人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】豪華俳優陣とクリエイターが語る世界観 ― 『シャドウ オブ ザ ダムド 』ステージイベント

ソニー PS3

セガは『シャドウ オブ ザ ダムド』のイベントを東京ゲームショウにて開催しました。

本作品のエグゼクティブ・プロデューサーである須田剛一氏、サウンドディレクターの山岡晃氏、さらにキャラクターボイスを担当した、俳優の浅野忠信氏と我修院達也氏が登壇し、大変豪華なメンバーによるステージとなりました。

『シャドウ オブ ザ ダムド』は、開発元がグラスホッパー・マニファクチュア、発売元はエレクトロニック・アーツのアクションアドベンチャー。9月22日にプレイステーション3とXboxで発売予定となっていますが、アメリカではすでに先行発売が開始されています。

まずは須田氏と山岡氏が登場し、プロモーション・ムービーの放映へ。須田氏はゲームの内容について「『男と女のSexy Bloody Story』という、血みどろの激しいパンチアクションゲームです」と表現。サウンドを担当した山岡氏は「世界観や雰囲気がすごく大事なので、とても力をいれた作品です」と語ります。

キャラクターボイスを担当した浅田忠信氏と我修院達也氏の登場に、ステージ周囲は大きな歓声に包まれました。浅田氏は主人公である「ガルシア・ホットスパー」を、我修院氏はガルシアの相棒「ジョンソン」を演じています。

「ゲームの声優は初めてでしたが、とても面白かったです。ガルシアは格好良いキャラクターですしね」との浅田氏に対し、須田氏は「山岡さんが浅田さんを指名したときは、絶対無理だと思いました。しかし新しい事へのチャレンジにと、二つ返事でOKをもらいました」と興奮気味にトーク。山岡氏も「浅田さんしかいないと思ってました」と、思い入れの強さを強調します。我修院氏は「自分の代表作になるのではと思うくらい、楽しくやらせてもらいました。次回はドクロが主役でお願いします」と、ジョンソンをとても気に入った様子。

実際にゲームで演じたセリフが公開され、ヒロインにあたるポーラの際には、キャラクターボイスを担当した栗山千明氏からのビデオメッセージが流されました。「ポーラは一見セクシーなキャラクターですけど、泣き叫ぶような悲痛の表現もたくさんあります。これだけ感情をぶつけることはあまりないので、かえってスッキリしたくらいですね。妖艶で可愛いだけではなく、狂気にふれたような感じで頑張りました」

事前に4人が書いておいた「『シャドウ オブ ザ ダムド』はこんなゲーム!」というものを公開するコーナーへと移り、須田氏は「大人の血みどろロードムービー」、山岡氏はガルシアとポーラの普通ではない恋愛について「シド&ナンシー」と表現。詳しくは調べてくださいとのこと。浅田氏は「あっちの世界」と、一度はまったら抜けられない世界、本当にあるかもと思わされるようなゲームの魅力について語ります。我修院氏は「ガルシアとドクロのラブストーリー」と笑いを誘いました。

最後に我修院氏は「ゲームの中の我修院ワールドを堪能してください」と、山岡氏が作詞した「ジョンソンラップ」を披露。これ以外にもゲームで歌うシーンがあるとのことで、楽しみにしてほしいそうです。浅田氏は「本当に不思議な世界です。ここに出たもの以外でも、ゲーム内で楽しんでください」と、ファンの期待を高めます。山岡氏は「独特の世界観にあわせ、キャラクターボイスは非常に個性的な人達にお願いしています。9月22日の発売を楽しみにしていてください」とコメント。須田氏は、クリエイティブ・プロデューサーに三上真司氏を迎えたことについて「最強のスタッフを揃え、声の役も豪華です。ここ数年にない、最強のアクションゲームだと思うので、応援してください」と締めくくりました。

『シャドウ オブ ザ ダムド』は、9月22日発売予定で価格は7,665円(税込)です。ただしCERO:Z(18歳以上のみ対象)です。

(C) 2011 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. Shadows of the Damned is a trademark of GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. EA and the EA logo are trademarks of Electronic Arts Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『ドラゴンボール ファイターズ』孫悟空が超サイヤ人に目覚めた名場面も収録! 再現度の高さが伺える最新PV登場

    『ドラゴンボール ファイターズ』孫悟空が超サイヤ人に目覚めた名場面も収録! 再現度の高さが伺える最新PV登場

  2. 看板モンス「ネルギガンテ」を倒せるか!?『モンハン:ワールド』メディア体験会レポ

    看板モンス「ネルギガンテ」を倒せるか!?『モンハン:ワールド』メディア体験会レポ

  3. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』第1報が到着―父と子の絆の物語

    PS4『ゴッド・オブ・ウォー』第1報が到着―父と子の絆の物語

  4. PS Plus加入者以外も遊べる!『モンスターハンター:ワールド』ベータテスト第2弾の実施決定

  5. 『モンスターハンター:ワールド』年末に地上波特番の放送が決定!アメリカザリガニが豪華ゲストと一狩り!

  6. EP5の騒動から数ヶ月、これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー【追記】

  7. 『CODE VEIN』第3弾トレーラー公開!吸血牙装によるバトルを中心とした映像が初披露

  8. 【読者アンケート】「PS Awards 2017」ユーザーズチョイス賞から選ぶ今年の1本! 『ドラクエ』『FF』を押さえた1位は…

  9. 『テイルコンチェルト』設定資料集発売記念インタビュー!いま明かされる三つの十字架、そして松山洋の本音とは

  10. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

アクセスランキングをもっと見る