人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイCEO、「Wii Uはゲームビジネスを改善する」

フランスの大手パブリッシャー、ユービーアイソフトのYves Guillemot CEOは決算発表の場で、任天堂の次世代ゲーム機「Wii U」について、「ゲーム機のビジネスを大きく改善するだろう」と述べ評価しました。

任天堂 Wii U
Yves Guillemot
  • Yves Guillemot
  • Yves Guillemot
  • Yves Guillemot
  • Yves Guillemot
フランスの大手パブリッシャー、ユービーアイソフトのYves Guillemot CEOは決算発表の場で、任天堂の次世代ゲーム機「Wii U」について、「ゲーム機のビジネスを大きく改善するだろう」と述べ評価しました。

業界紙Gamasutraによれば、同氏は「我々は任天堂は現世代で最もゲーム機を売ったプレイヤーであることを忘れてはならないでしょう。多くの顧客がWiiのブランドを認知していて、次世代機にも興味を示すはずです」とコメント。世界的な景気後退も「任天堂は良い方法を見つけるでしょう」と問題にならないとの認識を示しました。

また、現行機種であるWiiの減速については「今年は依然として良い数字を残すでしょう。既に値下げも行っていますし、活気を続けるための必要な方策は任天堂が考えています。少なくとも今年中は、特にカジュアル分野についてはWiiは良い結果を残すと思います」と述べています。

さらにスタートで苦戦しているニンテンドー3DSに関しては「さほど良いタイトルがまだ出ていないという問題がありますが、年末にかけて多くの期待作があり、引き続き成長すると考えています。過去を振り返ればDSのロンチもさほど良いものではありませんでした。我々は3DSについても長期的な視点で考えており、素晴らしいハードになる可能性を秘めていると思っています」との答えでした。

ユービーアイはWii U向けにもいち早く参入を決定していて、E3でプレイアブルのデモを展示した『ゴーストリコンオンライン』に加えて、人気シリーズ『アサシン クリード』の新作、『ラビッツ』シリーズ、完全新作FPS『Killer Freaks from Outerspace』、「マルチスポーツ」の5タイトルを発表しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  7. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  10. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る