人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイがFree-to-PlayゲームのデベロッパーOwlientを買収

Valveの『Team Fortress 2』やFuncomの『Age of Conan』など、F2P(Free-to-Play、基本プレイ無料)モデル採用が増えてきた昨今、UbisoftがF2PゲームデベロッパーOwlientの買収を発表しました。

ゲームビジネス 開発
UbisoftがFree-to-PlayゲームのデベロッパーOwlientを買収
  • UbisoftがFree-to-PlayゲームのデベロッパーOwlientを買収
Valveの『Team Fortress 2』やFuncomの『Age of Conan』など、F2P(Free-to-Play、基本プレイ無料)モデル採用が増えてきた昨今、UbisoftがF2PゲームデベロッパーOwlientの買収を発表しました。

Owlientは2005年にパリで設立されたゲームデベロッパー。代表作は馬を育成するオンラインブラウザゲーム『Howrse』で、同作のアクティブユーザーは200万人を超えているそうです。

OwlientのCEO Olivier Issaly氏は次のように語っています。

「私達は自身のチームが成し遂げた事を誇りに思っており、Ubisoftとの協力によって更なる成功を確信しています」
またUbisoftのCEO Yves Guillemot氏は、Owlientが持つオンラインサービスのノウハウが『Settlers Online』『CSI Crime City』『Heroes Kingdom』『Tom Clancy's Ghost Recon Online』などの野心的なタイトルによるUbisoftのFree-to-Play戦略を次の段階へと加速させるだろうと伝えています。

果たしてこのFree-to-Playの流れはゲーム業界にどの様な影響を与えるのでしょうか。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Newsweekの「世界が尊敬する日本人100」にポケモンの田尻氏が

    Newsweekの「世界が尊敬する日本人100」にポケモンの田尻氏が

  2. 800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

    800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

  3. 『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

    『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

  4. ニンドリ博レポート

  5. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  6. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. セガとLINEが提携、6億ダウンロードの「LINE GAME」でミッドコアジャンルでの新たなヒット創出を目指す

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 今週発売の新作ゲーム『ウイニングイレブン 2019』『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』『リトルドラゴンズカフェ ひみつの竜とふしぎな島』他

アクセスランキングをもっと見る