人生にゲームをプラスするメディア

【WHF 2011夏】N64の名作が3Dになって帰ってきた『スターフォックス64 3D』をプレイ

新色フレアレッドと同時に発売されるニンテンドー3DSソフト『スターフォックス64 3D』が次世代ワールドホビーフェア'11 Summerで初プレイアブル出展されました。

任天堂 3DS
新色フレアレッドと同時に発売されるニンテンドー3DSソフト『スターフォックス64 3D』が次世代ワールドホビーフェア'11 Summerで初プレイアブル出展されました。

試遊版ではまず「トレーニング」(約6分)で基本操作を学び、その後「コーネリア」「メテオ」「フィチナ」「セクターX」4つのステージの中から1つ遊ぶというものでした。

■基本操作
トレーニングでは、タヌキのようなキャラクターが基本操作をナビゲート。N64版では音声がありませんでしたが、3DS版ではしっかり喋ります。3DS版ではジャイロセンサーに対応していますので、本体を傾けるとプレイヤーが操作する「アーウィン」も動きます。これは設定でON/OFF切り替えることが出来るので、お好みでチョイス可能です。宙返りやUターンは、N64版のようにスティック+ボタン、十字ボタンを押すだけの簡単操作のどちらかで可能。十字ボタン上で宙返り、十字ボタン下でUターンです。

■いざ、3DS版初プレイ
今回プレイしたのは、オールレンジモードメインで闘う「フィチナ」をプレイ。スターウルフ達が初登場することで有名ですね。グラフィックは現代風に調整されているので、雪原の表現がパワーアップ。N64版とは別ステージかと思うくらい綺麗になっていましたね。

■「フォックス!後ろの敵をなんとかしてよ~」
また、戦闘中は仲間や敵との通信が入りますが、『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』のように当時の音声そのままではなく、現代用に新しく撮り下ろした新ボイスでゲームを楽しむことが出来ました。とはいえ、N64版のイメージからかけ離れたものではないので、そこは聞いて安心しました。

『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』のように、N64版の雰囲気は残しつつ、3DSでリメイクしたといった所です。当時プレイした方はもちろん、『スマブラ』で興味を持った人も、シューティング遊んでみたい方も、ぜひ注目して欲しい1本ですね。

『スターフォックス64 3D』は、7月14日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)1997-2011 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スーパーロボット大戦T』新規参戦作品を押さえて最も注目を集めたのは「Gガンダム」!【読者アンケート】

    『スーパーロボット大戦T』新規参戦作品を押さえて最も注目を集めたのは「Gガンダム」!【読者アンケート】

  2. 『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』発売直前!チョコボあるある5選

    『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』発売直前!チョコボあるある5選

  3. 『スーパーロボット大戦T』「ボーナスシナリオ」のあらすじを一挙公開!本編では描かれない独自の展開が満載

    『スーパーロボット大戦T』「ボーナスシナリオ」のあらすじを一挙公開!本編では描かれない独自の展開が満載

  4. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  5. 『スーパーロボット大戦T』CM映像第2弾のナレーションは椎名へきるさんが担当!新たな機体や戦闘シーンも要チェック

  6. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  7. スイッチ『スーパーリアル麻雀PV』が配信停止―表現修正漏れが原因か

  8. 『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ』発売特集!かわいい「チョコボ」が主役のゲームシリーズを振り返る

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る

1