人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も

任天堂 3DS

セーブデータを初期化できない上にスロットが一つのみという仕様だったことから、ゲームの中古販売を支持する小売店やゲーマーからボイコットの動きがあった3DS新作『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』(Resident Evil: The Mercenaries 3D)ですが、この問題が更に波紋を広げているようです。

VG247の記事によると、小売店HMVのUK店舗では、新品の販売は通常通り行うものの、「中古品を購入した顧客ががっかりするの避ける」という配慮で、『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』の買取を行わない決断をしているとのこと。

また、昨日噂としてお伝えしたEB Gamesオーストラリアのリコールもやはり事実で、同店は中古を取り扱わないだけでなく、新品を店頭で販売することも中止しており、受注販売のみで取り扱う方針を公式Facebookページで明らかにしています。

更に、Amazon.comの商品ページが、本作のセーブ仕様を批判するユーザーの低評価レビューによって炎上中。

反対に慎重な動きも出ており、米大手小売店GameStopでは、全店で買取を拒否しようとしていた方針を急遽撤回、カプコンと入念な協議を進めた結果、『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』の買取を今日から行うことにしたと発表しています。

カプコンはセーブ問題に関して公式ブログCapcom Unity上で新たな声明を発表。『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』は昔ながらのアーケードゲームのような存在で、セーブシステムに関してもアーケードタイプのゲームプレイに合わせてデザインされており、中古ゲームの購入を阻む隠された意図は一切ないとのこと。また、本作が一般的なキャンペーンモードやストーリーの存在しないタイムアタックベースのシステムを採用しているため、中古でプレイした場合でも全てのコンテンツにアクセスできるとしています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  2. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

    【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

  3. 【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

    【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  7. マイニンテンドーストア混雑解消―次回予約受付から10月11日~15日にお届け【UPDATE】

  8. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  9. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

アクセスランキングをもっと見る