人生にゲームをプラスするメディア

【女子もゲーム三昧】3DS『ミステリーP.I.~消えたフィルム~』でシュールなアイテム探し

「女子もゲーム三昧」担当のみかめゆきよみです。

任天堂 3DS
「ハード」は「ノーマル」クリア後に解禁
  • 「ハード」は「ノーマル」クリア後に解禁
  • 章が進むと探索場所も増えます
  • プロデューサーの部屋に赤いリコーダーだと・・・!?
  • 絵合わせパズル、序盤はラクチン
「女子もゲーム三昧」担当のみかめゆきよみです。

『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』が発売され、一時的欲求そっちのけで楽しむ日々が続いております。気がついたらひどい肌荒れ・・・。ごはんと睡眠、大事ですね。

さてさて、今回はニンテンドー3DSダウンロードソフト『ミステリーP.I.~消えたフィルム~』についてレビューさせていただきます。

たまには「ハッと息飲む謎解きアクション」ではなくて、純粋な謎解き要素を投入したい!と思い、本作をチェックしたのですが・・・、説明を読むと「現場の証拠品を探し出していく、アイテム探索ゲーム」とあります。聞き込みしたり現場検証したり・・・というわけではないようです。というわけで早速プレイ!


■初心者ですから・・・「イージー」でスタート
ゲーム開始後、まず解放されているのは「イージー」と「ノーマル」です。「ノーマル」はタイムリミットがあるので、とりあえず「イージー」を選択。

プレイヤーは私立探偵アンリ・クリスタルになって、消えた映画フィルムの謎を追っていきます。合計8つの章(チャプター)からなり、それぞれ「ストーリーシーン」「探索シーン」「パズルシーン」で構成されています。

■これが・・・証拠品・・・!?
「探索シーン」では、指定されたアイテムを画面の中から見つけだしていきます。探すべきアイテムは8つ。雑多に置かれた物の中から見つけ出して、画面タッチで得点ゲット。連続して指定アイテムをタッチするとスピードボーナスがもらえます。

探索する場所はハリウッドの映画業界に関係する場所がメイン。ちょっとセレブなお部屋だったり、リムジンが停まりそうなレセプション会場だったりするのですが、なぜか指定アイテムが「かたつむり」だったり「すり鉢とすりこぎ」だったり「ハエ」だったりして、かなりシュール。

■高得点を狙うにはそれなりのやり込みが必要
その場にありえない物なら当然見つけやすい・・・と思ってやってみたら、これが意外とむずかしい!背景にうまく同化していたり、大きさの比率が実物と異なったり、壁紙の模様だったり、パッと見ただけではわからない、いやらし~い仕様になっています。

得点がマイナスになってしまうけど、どうしてもわからない時は「ヒント」を使用することも可能です。思ったより簡単なところにあったりして、私の目は節穴か・・・とかなり悔しい気分にさせられます。

でもこの悔しさが「次はもっと早くクリアしてやる!」という気にさせる要素なのでしょう。「パズルシーン」の絵合わせパズルも章が進むにつれ難しくなってきます。高評価を狙うにはそこそこのやり込みが必要です。

ちなみに、「適当にタッチすればどれかには当たるだろう」と思って無造作にタッチしたら減点されてしまいました・・・とほほ。

■空いた時間に脳トレ感覚で
というわけで、アイテムはストーリーにまったく関係ないものなのですが、それでも主人公の推理は進んでいきます。私立探偵アンリ・クリスタル、これらの証拠品で何を掴んだの?このシュール感に俄然興味が尽きません。

3D要素はあまり活かされていませんが、従来通り、タッチパネルの楽しさを活かした作品です。「ノーマル」をクリアすると「フリー探索モード」がプレイできるようになるので、空いた時間に軽い脳トレ感覚で楽しめます。

『ミステリーP.I.~消えたフィルム~』は、500円にて好評配信中です。


■著者紹介
みかめゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。
ゲームはジャンル問わずなんでもござれ。難しければ難しいほど燃えるドMゲーマーです。
歴史・ホラー漫画、歴史コラム、イラストなど雑多に活動しています。
サイト「車輪の真上」
http://zwei.lomo.jp/syarin/
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

    太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  2. 『風来のシレン5 plus』のRTAが底抜けに面白い!すぐ鉄火場になる抜群のテンポ、平日夜の“ちょい潜り”でも満足できる極限状態を体験しないか

    『風来のシレン5 plus』のRTAが底抜けに面白い!すぐ鉄火場になる抜群のテンポ、平日夜の“ちょい潜り”でも満足できる極限状態を体験しないか

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 超話題のゲーム『ファイナルソード』で心折れずに世界を救う10のコツ! 実は「死にゲー」……?

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  8. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  9. 貝じゃない!味はカニ!『あつまれ どうぶつの森』の海の幸「フジツボ」って何者?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  10. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

アクセスランキングをもっと見る