人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】複雑化するFPSに一石を投じるか・・・『EVEONLINE』のCCPが開発する『DUST514』

FPSは次々と複雑化して、そのゲームプレイの深さを増やしています。RPG要素、小隊指揮、巨大マップや多人数プレイ。しかしそこに一石を投じるかもしれません。

ソニー PS3
DUST514
  • DUST514
  • DUST514
  • DUST514
  • DUST514
  • DUST514
  • DUST514
  • DUST514
FPSは次々と複雑化して、そのゲームプレイの深さを増やしています。RPG要素、小隊指揮、巨大マップや多人数プレイ。しかしそこに一石を投じるかもしれません。ソニーはプレスカンファレンスの中で、CCP GAMESの開発する、MMO要素をFPSゲームと混ぜた『DUST514』を発表しました。

『DUST514』は世界規模の宇宙MMORPG『EVEONLINE』と密接な相互作用を持ったFPSとなるのです。EVE ONLINEは遙かなる未来で別銀河へと進出した人類が星々の間を超光速航行をする宇宙船を駆って冒険するPC用のゲームです。非常に高い自由性が特徴の作品で、プレイヤーは貿易、鉱物採掘、技術開発、船舶製造、海賊行為、戦争や投資等、様々な方法で楽しむ事ができます。プレイヤーから支持される理由には2003年3月のサービス開始より持続した物語を紡ぎ続けている事、そしてCCP社が継続してゲームの開発を行っている事です。エキスパンション事に新しい機能と新しい楽しみ方がプレイヤーを年単位でゲームを楽しませているのです。

『EVEONLINE』はゲームとしてそれ自体が大きいのも魅力です。現在プレイ可能なのは合計7500もの星系。そこに総数35万アカウントより最大同時ログイン6万5千人と世界中から多くのプレイヤーが集まって、星々の海を冒険しています。

『DUST514』はこのEVE世界に全く新しいプレイヤーを紹介します。DUSTは基本としてプレイヤーは傭兵となって戦いに赴きます。戦って、戦果によっては報酬を受取り、その報酬を使い装備を購入する。カジュアルプレイヤーには単純な経済要素を持つFPSに見えますが、DUSTとEVEの相互作用は有機的に影響をゲーム世界へと広げていきます。

DUSTプレイヤーが請け負うミッションもその星系の資源やそこへ戦略的価値を見出したEVEプレイヤーが出資を行っています。DUSTプレイヤーが購入する武器を製造するのがEVEオンラインで製造会社を保有しているプレイヤーであり。その武器を戦場に運ぶのもEVEの輸送船を保持しているプレイヤーです。経済活動がゲームデザイナーが設定した物でなく、他のプレイヤーの操作が生み出す物です。自分の出資した傭兵軍へ優先的に物資や武器を提供し、必要に応じては宇宙空間から地表への爆撃をEVEプレイヤーは行えます。

兵士が百年惑星の表面で戦っても、宇宙からの爆撃一つで都市をクレーターに変える宇宙戦艦を保有しているEVEプレイヤーと比べるとゲーム世界への影響力は小さいように見えます。しかし、『DUST514』のプレイヤーはEVEプレイヤーに負けない力を持っているのです。

宇宙勢力は惑星を傭兵無しに占領することはできないのです。傭兵が集まって傭兵会社を立ち上げれば、共同で惑星の防衛・攻撃装備を整えて完全に独立を果たすことも可能です。嫌がらせに惑星の資源を破壊したり、惑星の乗っ取りを行ったり。惑星の地表から宇宙に停泊している戦艦を迎撃できる砲台も設置すれば傭兵達は自分たちの国を創り上げる事もゲーム的には可能、との事です。

しかし、地上の傭兵と宇宙の宇宙船パイロットが強力しあえば、孤立したコーポレーションや傭兵会社を次々に破壊する事ができるでしょう。交渉、作戦展開、そして戦闘。ゲームデザイナーの手を離れた仮想世界で、今までに見なかったような戦場が繰り広げられるに違いありません。強力になった傭兵会社は宇宙船を有するEVEコーポレーションに宇宙からの支援砲撃を要請したり、敵対惑星を占領したら、その利益の分割を行う契約を結んだりと出来ることはそれこそ戦場になりうる星の数ほどにあります。

『DUST514』は発売までまだ一年もあり、実際のゲームプレイをできるまで情報は公開されていません。しかし、CCP GAMESは『EVEONLINE』を2003年の発売以来着実に開発を続け、常に新しい楽しみをプレイヤーに提供をしてきた実績があります。

『DUST514』はFPSへ一石を投じる作品になるのは間違い無いでしょう。その結果がEVE、そしてFPSプレイヤーへどのような影響をもたらすのか。FPSとRPGとMMOでつながった彼らがどのような関係になるのか。それはプレイヤー達が自ら発展させていく物語になるでしょう。

《米田健》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

    『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

  2. 『アンチャ』『ラスアス』『ブラボ』どれにする?期間中にPS4を買うと対象タイトルが1本付いてくる

    『アンチャ』『ラスアス』『ブラボ』どれにする?期間中にPS4を買うと対象タイトルが1本付いてくる

  3. PS4『ラスト レムナント リマスタード』オリジナル版との比較映像―グラフィックの差は如何に?

    PS4『ラスト レムナント リマスタード』オリジナル版との比較映像―グラフィックの差は如何に?

  4. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  5. 『うたわれるもの斬』いよいよ来週発売! リリースに向けたTVCM2種を公開

  6. 『ジャストコーズ4』国内発売日が2018年12月6日に決定―予約開始は9月20日から

  7. 『ストリートファイターV』向け『ヴァンパイア』コスチューム第2弾が近日配信! ハロウィンコスチュームも

  8. SIE、「TGS2018」PSブースの詳細を発表─世界初試遊となる『Days Gone』を含む約30タイトルが体験可能!

  9. 水口哲也氏ら制作の新感覚シンクロゲー『TETRIS EFFECT』発売日決定!

  10. 『キャサリン・フルボディ』過激さ極まる“修羅場”を捉えた最新映像公開! 限定版には“浮気相手の声”を最大11人から選べるDLCも

アクセスランキングをもっと見る