人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】まるで漫画の世界を体験・・・『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』

個人的なE3 of the yearを与えたいと思ったのが『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』です。

ソニー PS3
ASURA'S WRATH
  • ASURA'S WRATH
  • 【E3 2011】まるで漫画の世界を体験・・・『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』
  • ASURA'S WRATH
  • 【E3 2011】まるで漫画の世界を体験・・・『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』
  • ASURA'S WRATH
  • ASURA'S WRATH
  • ASURA'S WRATH
  • ASURA'S WRATH
個人的なE3 of the yearを与えたいと思ったのが『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』です。

本作はサイバーコネクトツーとカプコンが共同開発する完全新作アクションゲームで、テーマは怒り。地球を上回るサイズの超巨大ボスを相手に派手で爽快そして手応えのあるアクションが楽しめます。カプコンのクローズドブースで体験できましたのでレポートします。

過去に公開されたトレイラーを見た方は、あんな巨大な敵をどう倒すのか疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。彼らは決して木偶の坊ではありません。倒すには日本の漫画の作法にしたがって愛と勇気、いや失礼、本作の場合は怒りと勇気かもしれません。アスラは怒りを力にするのです。

本作は遊べる漫画だからです。サイバーコネクトツーの松山洋社長は大の漫画好きとして知られ、同社の開発するナルトシリーズは非常に高い評価を受けています。そして『ASURA'S WRATH』も漫画であればジャンプの連載が叶うほどの作品になりつつあります。

『ASURA'S WRATH』のアクションはサードパーソンです。しかし一般的な分類は余り意味がないかもしれません。遊べる漫画ですので、展開に応じて視点やアクションはダイナミックに変化していきます。場面に応じてすべきことの指示があります。例えば「Yでとどめを刺せ」など。ですから自由度はそう高くありません。しかし「ボタンを押す楽しさ」を全力サポートする表現と展開、まるで漫画の主人公になったかのような、戦っている感覚を全身で感じることができます。

全ての戦闘には物語があります。これも漫画のスタイルです。弱った敵が真の力を発揮して超巨大化する、ありそうなベタな展開ですが、これも清々しい。対するアスラは敵の言葉に更に怒りを蓄積して地球サイズになった敵をぶちのめします。某「世界中を旅して石を集めて願いを叶える漫画」や某「世界末の覇者を目指す漫画」など色々なモチーフが感じられます。サイバーコネクトツーは漫画への愛を昇華させ今までにないゲームを作り上げることに成功しています。

ベタベタな展開で熱くなれ、ボタンを押す心地よさがあり、超巨大な敵をぶちのめす快感があります。さすがはアクションで定評のある両社が組んだだけはあります。みなさんも遊べる日をお楽しみに。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

    PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

  2. 【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

    【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

  3. 『GOD EATER 3』オープニングアニメーション遂に正式公開―疾走感溢れる映像をその目に焼き付けろ!

    『GOD EATER 3』オープニングアニメーション遂に正式公開―疾走感溢れる映像をその目に焼き付けろ!

  4. PS4向けe-Sports仕様コン「レボリューション プロ コントローラー2 ホワイト」12月13日より国内販売!

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

  6. PS4版『PUBG』が12月に登場か―複数の海外メディア報じる

  7. 『ディシディア FF NT』が基本プレイ無料版として配信決定!バトルに特化したアイテム課金制(キャラ恒常使用権など)を採用

  8. 『デビル メイ クライ 5』店頭体験会が開催決定!オリジナルサコッシュや販促用B2ポスターのプレゼントも実施

  9. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  10. 【インタビュー】『.hack//G.U.』発表10周年、CC2松山洋に“続編の可能性”を訊いた

アクセスランキングをもっと見る