人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】新たなエンジンの搭載で更にレベルアップした『FIFA 2012』

ソニー PS3

FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
『ウィニングイレブン』と人気を二分するサッカーゲーム『FIFA SOCCER』シリーズ。EAブースでは最新作『12』(Xbox360/PS3)のプレゼンテーションと試遊が行われました。

会場では「新しくなったプレイヤー・インパクトエンジン」「ドリブルの精度向上」「戦略的なディフェンス」そして「AIキャラクターの向上」の4点が強調されました。

中でも目玉となるのが、プレイヤー・インパクトエンジン。ピッチ上の物理演算と選手の動きを統合するもので、開発には2年かけたといいます。このエンジンによって、選手同士が激しくぶつかったり、反動でピッチ上に転がったりといった動きが、より自然に再現されるようになりました。

実際『11』では混戦状態になると、選手同士のポリゴンが重なったり、腕が体からヌケたりする現象が見られました。これが『12』では選手同士のコリジョンが、物理法則にのっとって的確に計算されるため、リプレイで拡大してみても、不自然な動作がなくなったといいます。

また『12』では、軽視されがちなディフェンス面も改良されました。筆者のような初心者がサッカーゲームをプレイすると、ついプレスに頼ったり、不要なタックルをしがちです。しかし本作ではポジション取りやパスカットなどが、タックルやプレスと同じくらい有効に機能するとのことです。

一方、このことでドリブルが、さらに意味を持つモノになりました。より精緻になったドリブルシステムで、フェイントなどの足技や、ボールコントロールがさらに有効になったのです。これに対して守備側はタイミングや相手の動きをよく見て、いかに相手の嫌がる動きができるかがポイントになりそうです。

AIキャラクターの向上については、選手一人ひとりが自分の状態やスキル、試合局面などを鑑みながら、最適な動きをとるようにアルゴリズムが改良されました。視野の広さによってスルーパスが異なったり、対面するCOM選手の弱点をつくような動作をとることもあるといいます。

もっとも、これらはメーカー側のうたい文句にすぎません。試遊タイムでは時間が限られていたこともあり、すべてを体感するまでには至りませんでしたが、ドリブルの心地よさだけは、はっきり感じられました。うまく説明できませんが、『吸い付くようなドリブル』という印象でしょうか。

『FIFA SOCCER』シリーズは新作の発売前にPS3版・Xbox360版ともに体験版が配信されるのが通例です。海外版は今秋発売予定。日本版は未定ですが、おそらく発売されるはず! 体験版が配信されたら、ぜひ遊んでみると良いでしょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

    『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

  2. 『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

    『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”のヴァルハザクがついに登場!見事討伐して防具「ウルズγシリーズ」を手に入れよう

  5. 名作JRPGが多数ラインナップした「PS Vita セール」が開催―PS Plus加入者は最大89%オフ!

  6. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  7. 『ザンキゼロ』TVCMのロングバージョンが公開―ツイッター担当すら知らなかった新作『ビキニの伝説』の情報も紹介!?

  8. 『フォートナイト』最終サークルでのバランス調整を予告―ショットガン、ロケット、建築重視以外の選択肢の提供へ

  9. 『ストリートファイターV 』にコーディー参戦!市長になった彼のファイトスタイルは…【UPDATE】

  10. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

アクセスランキングをもっと見る