人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】新たなエンジンの搭載で更にレベルアップした『FIFA 2012』

『ウィニングイレブン』と人気を二分するサッカーゲーム『FIFA SOCCER』シリーズ。EAブースでは最新作『12』(Xbox360/PS3)のプレゼンテーションと試遊が行われました。

ソニー PS3
FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
  • FIFA 2012
『ウィニングイレブン』と人気を二分するサッカーゲーム『FIFA SOCCER』シリーズ。EAブースでは最新作『12』(Xbox360/PS3)のプレゼンテーションと試遊が行われました。

会場では「新しくなったプレイヤー・インパクトエンジン」「ドリブルの精度向上」「戦略的なディフェンス」そして「AIキャラクターの向上」の4点が強調されました。

中でも目玉となるのが、プレイヤー・インパクトエンジン。ピッチ上の物理演算と選手の動きを統合するもので、開発には2年かけたといいます。このエンジンによって、選手同士が激しくぶつかったり、反動でピッチ上に転がったりといった動きが、より自然に再現されるようになりました。

実際『11』では混戦状態になると、選手同士のポリゴンが重なったり、腕が体からヌケたりする現象が見られました。これが『12』では選手同士のコリジョンが、物理法則にのっとって的確に計算されるため、リプレイで拡大してみても、不自然な動作がなくなったといいます。

また『12』では、軽視されがちなディフェンス面も改良されました。筆者のような初心者がサッカーゲームをプレイすると、ついプレスに頼ったり、不要なタックルをしがちです。しかし本作ではポジション取りやパスカットなどが、タックルやプレスと同じくらい有効に機能するとのことです。

一方、このことでドリブルが、さらに意味を持つモノになりました。より精緻になったドリブルシステムで、フェイントなどの足技や、ボールコントロールがさらに有効になったのです。これに対して守備側はタイミングや相手の動きをよく見て、いかに相手の嫌がる動きができるかがポイントになりそうです。

AIキャラクターの向上については、選手一人ひとりが自分の状態やスキル、試合局面などを鑑みながら、最適な動きをとるようにアルゴリズムが改良されました。視野の広さによってスルーパスが異なったり、対面するCOM選手の弱点をつくような動作をとることもあるといいます。

もっとも、これらはメーカー側のうたい文句にすぎません。試遊タイムでは時間が限られていたこともあり、すべてを体感するまでには至りませんでしたが、ドリブルの心地よさだけは、はっきり感じられました。うまく説明できませんが、『吸い付くようなドリブル』という印象でしょうか。

『FIFA SOCCER』シリーズは新作の発売前にPS3版・Xbox360版ともに体験版が配信されるのが通例です。海外版は今秋発売予定。日本版は未定ですが、おそらく発売されるはず! 体験版が配信されたら、ぜひ遊んでみると良いでしょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

    ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

  2. 『ケツイDeathtiny』発売記念「M2 Shot Triggers 弩感謝祭」を11月18日開催!『ダライアス コズミックコレクション』の出展も

    『ケツイDeathtiny』発売記念「M2 Shot Triggers 弩感謝祭」を11月18日開催!『ダライアス コズミックコレクション』の出展も

  3. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

    『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  4. 「PS Plus」11月はフリプにPS4『BEYOND: Two Souls』『Bulletstorm: Full Clip Edition』など―配信コンテンツ先行紹介

  5. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』弁護士時代の八神を知る新たな登場人物たちが公開―神室町が誇る膨大なミニゲームの数々も一挙紹介!

  7. コントローラにセーブ、遊び心地は?「プレイステーション クラシック」1stインプレッション

  8. 『キャサリン・フルボディ』新キャラクター「リン」のエピソード&「ネロメガネ」による衝撃のビジュアルが明らかに!

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

  10. 【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

アクセスランキングをもっと見る