人生にゲームをプラスするメディア

デコ素材で自分だけのカードを作ろう、『ココロノココロン』7月14日発売

任天堂 DS

ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
  • ココロノココロン
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドーDSソフト『ココロノココロン』の最新情報を公開しました。

『ココロノココロン』は、コミュニケーションを重視したアドベンチャーゲーム。主人公の女の子「ミルミル」は、あるきっかけで「ココロン星」というナゾの星に上陸します。

この星には、宇宙一のお祭り「ココロン祭り」の話が古くから伝わっていますが、このお祭りを開くには、この星の住人のココロを1つにしなくてはなりません。ココロン星には、さまざまな星からやってきた宇宙人「ココロン」たちが住んでいますが、彼らは最初全然コミュニケーションがとれません。

ココロン星を探索してたくさんのココロンたちと出会い積極的にコミュニケーションをとって、悩みや相談にのってあげると、ココロンたちも心を開いて仲良し(ソラトモ)になれます。どんどん仲良しを増やしてください。ココロンは全部で64人、すべての「ココロン」を見つけて「ソラトモ」になって伝説の「ココロン祭り」を開きましょう。

プレイヤーはミルミルを操作して、まずはココロンたちと仲良くなりましょう。出会ったココロンたちに積極的に話しかけて悩みをきいたり、相談にのったり、いっしょに遊んだりしていくうちに、仲良くなって「ココロカード」を交換すると「ソラトモ」になれます。

お話を進めるとマップが広がったり、ソラトモたちと「WA」(=グループ)を作り、「WA」の人数によっていろいろな「ミニゲーム」が遊べるようになります。ココロンたちとの関係は、「ソラトモブック(相関図)」を見るとわかります。「ソラトモブック」が完成すると「水晶の木」が復活し、次のステージに行くために必要なアイテムがもらえます。

ミニゲームには、みんなでいっぺんに1つのなわを飛ぶ「ゲンキハツラツ!なわとびゲーム」、協力してケーキを作る「ケーキづくり」、リズムに合わせて、みんなで踊る「夢のダンスシンフォニー」、隠れたソラトモを制限時間内に探し出す「ドキドキかくれんぼ」などがあり、WAメンバー3人~6人で遊べるようになっています。人数が足りないときは、仲間を「デンワ」で呼ぶことができます。

なかよくなったココロンと交換する「ココロカード」は、自分でデザイン可能。スタンプやペン、背景などの500種類以上あるデコ素材を集めて、自分だけのかわいいカードをデザインできます。デコ素材は、ソラトモからのお礼やココロカードをもらったときなどいろいろなシーンでもらえます。また街中にある無線LANアクセスポイントからも通信で入手できます。

初回特典は、通販会社のサン宝石による「オリジナル ミルミルとキラキラデコパック」。キラキラのストーンとおおきなミルミルパーツがかわいいアイテムとなっています。



『ココロノココロン』は、7月14日発売予定で価格は5,040円(税込)です。
(C)2010 BIRTHDAY
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  3. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  4. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 『ポケットモンスター』カントー地方で好きだったジムリーダーは誰?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る