人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート

「エースコンバット」ではPS3/Xbox360『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』がメインとなった2011年のE3ですが、3DS向け『エースコンバット3D』(仮)も出展されていました。

任天堂 3DS
【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート
  • 【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート
「エースコンバット」ではPS3/Xbox360『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』がメインとなった2011年のE3ですが、3DS向け『エースコンバット3D』(仮)も出展されていました。製品版となるまでどれだけゲームが変化するかは不明ですが、現時点では3DSの立体視を利用するにはうってつけのシリーズといえます。操作も家庭用と比べてボタンが少ない3DSに納得の行く移植がされています。

「エースコンバット」は戦闘機を操って敵機を撃墜していくシューティングゲームで、今作は従来の「エースコンバット」と比べてゲーム性が強くなっているようです。視点はコックピット視点ではなくなり、戦闘機の後ろに固定されて追いかける視点(チェイス・ビュー)のみのようです。

肝心の3D立体視は効果的で、手前の自機とその前に浮かぶ照準ディスプレイは使いやすかったです。下画面も武器情報とレーダーを示し、プレイしやすいまとまったUIを見せてくれました。3Dを切っても普通にプレイできましたが、立体視はできるなら使った方が良いゲームでした。

ただ、現時点では空戦がゆったりと進みます。自機はループ等の機動を行うと背面飛行を続けず自動的に上下を直し、他「エースコンバット」作品程機敏に動けません。敵機も同じで、同じく出展された『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』と比べるとノンビリとした動きをみせています。ゲーム的に見ると難易度設定も比較的低く、ロックオンをしやすく、敵機撃墜までがかなりサクサクすすめられました。

過去の「エースコンバット」を経験したベテランプレイヤーにはすこし物足りない感じがするかもしれませんが、立体視と3DS版のリズムに慣れるとさすが「エースコンバット」、携帯機独自の面白さがありました。未体験のプレイヤーには良いシリーズへの導入となりそうです。
《米田健》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. スイッチ新作『オメガラビリンス ライフ』のゲーム詳細情報が公開―敵を倒すほど成長して「発胸」する!?

  6. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

  9. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  10. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

アクセスランキングをもっと見る