人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート

「エースコンバット」ではPS3/Xbox360『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』がメインとなった2011年のE3ですが、3DS向け『エースコンバット3D』(仮)も出展されていました。

任天堂 3DS
【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート
  • 【E3 2011】立体視で新たな境地・・・『エースコンバット3D』プレイレポート
「エースコンバット」ではPS3/Xbox360『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』がメインとなった2011年のE3ですが、3DS向け『エースコンバット3D』(仮)も出展されていました。製品版となるまでどれだけゲームが変化するかは不明ですが、現時点では3DSの立体視を利用するにはうってつけのシリーズといえます。操作も家庭用と比べてボタンが少ない3DSに納得の行く移植がされています。

「エースコンバット」は戦闘機を操って敵機を撃墜していくシューティングゲームで、今作は従来の「エースコンバット」と比べてゲーム性が強くなっているようです。視点はコックピット視点ではなくなり、戦闘機の後ろに固定されて追いかける視点(チェイス・ビュー)のみのようです。

肝心の3D立体視は効果的で、手前の自機とその前に浮かぶ照準ディスプレイは使いやすかったです。下画面も武器情報とレーダーを示し、プレイしやすいまとまったUIを見せてくれました。3Dを切っても普通にプレイできましたが、立体視はできるなら使った方が良いゲームでした。

ただ、現時点では空戦がゆったりと進みます。自機はループ等の機動を行うと背面飛行を続けず自動的に上下を直し、他「エースコンバット」作品程機敏に動けません。敵機も同じで、同じく出展された『エースコンバット:アサルト・ホライゾン』と比べるとノンビリとした動きをみせています。ゲーム的に見ると難易度設定も比較的低く、ロックオンをしやすく、敵機撃墜までがかなりサクサクすすめられました。

過去の「エースコンバット」を経験したベテランプレイヤーにはすこし物足りない感じがするかもしれませんが、立体視と3DS版のリズムに慣れるとさすが「エースコンバット」、携帯機独自の面白さがありました。未体験のプレイヤーには良いシリーズへの導入となりそうです。
《米田健》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  2. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  3. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

    太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  4. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  5. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  6. スイッチ版も配信開始された宇宙人狼『Among Us』最初に覚えたい10のコツ!

  7. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 『風来のシレン5 plus』のRTAが底抜けに面白い!すぐ鉄火場になる抜群のテンポ、平日夜の“ちょい潜り”でも満足できる極限状態を体験しないか

アクセスランキングをもっと見る