人生にゲームをプラスするメディア

3DS『タッチ!ダブルペンスポーツ』、「アーチェリー」など新たな競技が公開 ― 開発はインディーズゼロ

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『タッチ!ダブルペンスポーツ』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
  • タッチ!ダブルペンスポーツ
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『タッチ!ダブルペンスポーツ』の最新情報を公開しました。



『タッチ!ダブルペンスポーツ』は、“2本のタッチペン”で遊ぶという新感覚のゲーム。両手を同時に使ったり、左右別々の動きを行ったり、3DSならではのゲームとなっています。ユーザーは自らの分身となる選手キャラクターを2本のペンで操作。また、ゲームだからこそできる、みんなの遊んでみたいスポーツ競技のおいしいところをセレクトし、7競技全14種目のスポーツ競技をいくつかのモードでプレイできます。



ゲーム内容としては、「ベースボール」「スキー」「ボクシング」「バスケットボール」など、10種類のスポーツ競技がラインアップされています。各スポーツにはそれぞれ“ランクマッチ”と“スコアトライ”の2種類が用意されています。今回は「アーチェリー」「サッカー」「パラグライダー」の情報が公開されました。



「アーチェリー」は、左手を下から上にスライドして弓をかまえ、右手を上から下にスライドさせて狙い、離すと弓を放ちます。風も吹いているので、真ん中の高得点をうまく狙ってください。



「サッカー」はフリーキックのシュートが題材。左手を上から下にスライドさせて距離を取り、右手のスライドで足を振り上げてボールを蹴ります。上下左右の内訳も可能なので、うまく狙った場所に飛ばしてください。



「パラグライダー」は左手を下に下げれば左旋回、右手を下に下げれば右旋回になっています。上昇気流の中心の周りを旋回して随時上昇しながら、ゴールを目指しましょう。



なお、自分のファイルを作成する際には、好みの外見をキャラクターとして登録可能。性別はもちろん、肌、髪、服の色などを8~20種のなかから選ぶことが可能です。プレイで貯まる“アスリポイント”によって、服や髪型などのアイテムを増やすこともできます。



開発は、『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』シリーズを手掛けたインディーズゼロ。プロデューサーは伊藤麻矢氏、ディレクターは鈴井匡伸氏となっています。

『タッチ!ダブルペンスポーツ』は、6月2日発売予定で価格は4,800円(税込)です。

(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

    「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  7. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

アクセスランキングをもっと見る