人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、通期業績を発表・・・各分野が好調に推移

ゲームビジネス 市場

コナミが発表した平成23年3月期(米国会計基準)の連結業績は、売上高2579億8800万円(前年同期△1.6%)、営業利益207億9100万円(11.4%)、税引前純利益は190億8200円(11.4%)、純利益は129億3400万円(△2.9%)でした。

事業分野別に見ると、主力のデジタルエンタテインメント事業が引き続き堅調であったほか、ゲーミング&システム事業やアビリットを買収した遊技機事業が成長を続けています。コナミスポーツクラブを運営する健康サービス事業は赤字が拡大しました。

デジタルエンタテインメント事業ではeアミューズメント(施設、業務用機)やカードゲームが落ち込んだ一方、SNSやコンシューマーゲームが拡大しました。SNSはグリーの大ヒット『ドラゴンコレクション』や『戦国コレクション』があり売上高が127→158億円と伸びています。今期はハドソンも含めソーシャルゲームに一層注力します。また、3DSやNGPなどでも各プラットフォームに合わせたコンテンツを幅広く展開するとのこと。

ゲーミング&システム事業ではパーティシペーション方式(カジノオーナーとのレベニューシェア)の収入が拡大し、スロットマシンの販売も好調でした。遊技機事業では高砂電器産業(旧アビリット)がグループに加わりました。健康サービス事業では震災の影響が約44億円あったとのこと。

今期の業績予想では売上高2580億円、営業利益260億円、税引前純利益240億円、純利益140億円と今期並を見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

    今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  4. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  5. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  9. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る