人生にゲームをプラスするメディア

任天堂ゲームセミナー2010Cチームはひっぱりタッチアクション『Pull Pull Pullpy』配信開始

任天堂は、任天堂ゲームセミナー2010受講生Cチーム作品『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』を配信開始しました。

任天堂 DS
任天堂ゲームセミナー2010Cチームはひっぱりタッチアクション『Pull Pull Pullpy』配信開始
  • 任天堂ゲームセミナー2010Cチームはひっぱりタッチアクション『Pull Pull Pullpy』配信開始
任天堂は、任天堂ゲームセミナー2010受講生Cチーム作品『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』を配信開始しました。

2010年Cチームの作品『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』はDSを縦に持って遊びます。

主人公プルピィーをタッチしてドンドン上に登っていき、ゴールを目指すタッチペンを使ったアクションゲーム。シンプルながらつい夢中になってしまう、そんな内容になっています。

やり込み要素としては、コース中に散らばっている星を集めることや、クリアタイムなどがあります。

配信場所はと日時は以下の通りです。

■『みんなのニンテンドーチャンネル』
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月11日~5月24日

■「DSステーション」
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月12日~5月25日

■「ニンテンドーゾーン」
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月13日~5月26日

ニンテンドーDSシリーズやニンテンドー3DSをお持ちの方はぜひダウンロードしてプレイしてみてください。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

  6. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 『無双OROCHI3』東洋水産とコラボ!「赤いきつね」か「緑のたぬき」が1年分もらえるチャンス

アクセスランキングをもっと見る