人生にゲームをプラスするメディア

トーセ、第2四半期は好調・・・開発の稼働率が急回復

ゲームビジネス 市場

受託制作最大手のトーセは平成23年8月期の第2四半期業績を発表しました。

それによれば、売上高24億1600万円(前年同期比48.1%増)、営業利益6300万円(-)、経常利益7200万円(-)、純利益4100万円(-)となりました。

同社ではPSPが販売台数を伸ばしていること、3DSやNGPなど次世代携帯ゲーム機に期待が高まっていること、また、iPhoneやAndroidなどでスマートフォン市場が拡大していること、さらにソーシャルゲーム市場で家庭用ゲーム機メーカーが上位に食い込んできていることなどから、ゲームソフト開発事業の稼働率が急回復。高水準を保っているとしています。業績としても前期は大きく落ち込みましたが、回復しています。

タイトルとしてはDSが6タイトル、DSiウェアが1タイトル、PSPが1タイトル、Wiiが5タイトル、PS3が1タイトル、PCが9タイトル、パチンコが2タイトル、モバイルが17タイトル、Androidが9タイトル、iPhone/iPadが10タイトルの計61タイトルを開発完了したとのこと。

東日本大震災の影響は不透明であり業績予想は前回を据え置いています。連結業績予想は売上高59億3500万円、営業利益2億3900万円、経常利益2億6000万円、純利益1億2100万円としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  2. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  3. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

    海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  4. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  5. 【PS Vitaゲームカンファレンス】徹底した最適化でフル解像度、60FPSを実現した『パワースマッシュ4』

  6. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  7. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  8. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  9. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  10. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る