人生にゲームをプラスするメディア

PlayStationフォン「Xperia PLAY」、英国などで発売

 ソニー・エリクソンは、ゲーム機能特化型スマートフォン「Xperia PLAY」を英国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スイス、スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク、ロシア、香港、台湾で発売した。

ソニー PSP
スライド部を開くと、PSP goにも似たゲーム用コントローラーが登場 スライド部を開くと、PSP goにも似たゲーム用コントローラーが登場
  • スライド部を開くと、PSP goにも似たゲーム用コントローラーが登場 スライド部を開くと、PSP goにも似たゲーム用コントローラーが登場
  • Xperia PLAY Xperia PLAY
  • 側面にはL・Rキーも用意されている 側面にはL・Rキーも用意されている
  • Xperia PLAY。スライド部を閉じた状態では通常のスマートフォンと大差ない Xperia PLAY。スライド部を閉じた状態では通常のスマートフォンと大差ない
  • Xperia PLAY Xperia PLAY
 ソニー・エリクソンは、ゲーム機能特化型スマートフォン「Xperia PLAY」を英国、ドイツ、オランダ、オーストリア、スイス、スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク、ロシア、香港、台湾で発売した。また今後2週間でスペイン、フランス、フィンランド、シンガポール、インド、ポルトガルの6ヵ国で発売する予定。米国では今春にVerizonより発売される。

 Sony Computer EntertainmentやGameloft、Electronic Artsなどから約60タイトルが用意されており、「Crash Bandicoot」をはじめとする往年のプレイステーションのタイトルもダウンロードできる(Crash Bandicoot 1はプリインストール)。さらに20社以上のゲーム開発企業や、HavokやUnity Technologiesなどのミドルウェア開発企業とも協業し、コンスタントにゲームタイトルを追加していく。

 「Xperia PLAY」は、Android OS 2.3を搭載したスライド式のスマートフォン。スライド部を開くとプレイステーションと同様の方向キー、○×□△の操作キーなどが搭載されている。フロントカメラを510万画素のリアカメラを搭載している。サイズは高さ119mm×幅62mm×厚さ16mm、重さ175g。カラーは「Black」「White」の2色。W-CDMA版とCDMA200版の両方が用意される。

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  2. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  3. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  4. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

  5. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  6. SIE、「TGS2018」PSブースの詳細を発表─世界初試遊となる『Days Gone』を含む約30タイトルが体験可能!

  7. 『アンチャ』『ラスアス』『ブラボ』どれにする?期間中にPS4を買うと対象タイトルが1本付いてくる

  8. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

  9. 『キャサリン・フルボディ』過激さ極まる“修羅場”を捉えた最新映像公開! 限定版には“浮気相手の声”を最大11人から選べるDLCも

  10. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

アクセスランキングをもっと見る