人生にゲームをプラスするメディア

3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)

遂にニンテンドー3DSが手元に届きました。

任天堂 3DS
3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
  • 3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック(前編)
遂にニンテンドー3DSが手元に届きました。

コスモブラックとアクアブルー。いずれも光沢を帯びた美しいフォルムです。私はいつも新ハードが出るたび、いつまでもこの美しさを保って欲しいと願います。しかしゲーム機は、遊ばれれば遊ばれるほど、その本分を果たせば果たすほど、傷ついたり汚れてしまったりするのです。

どちらかというとあまり物事を気にしない性格の私も、この3DSの輝きを前にして、何とかして時の流れの残酷さを止めたいと願いました。お店を眺めれば色々なアクセサリが並んでいます。面倒くさがらずにちゃんとチェックしようと決心しました。

今回は3DSの発売に合わせて14種類のアクセサリを発売したサイバーガジェットさんにご協力いただいて、それぞれ試してみました。なお、製品はオープンプライスのため、価格はすべて参考価格で記載しています。

【オススメアイテム その1】液晶保護フィルムで大事な液晶をガード!

まずは液晶保護フィルムです。なんと5種類の製品が用意されています。今回はその中の3種類をピックアップしました。

左からハードコートタイプ、Premium、下画面専用2枚組


最初にチェックしたのは「CYBER・液晶保護フィルム[ハードコートタイプ](3DS用)」(477円)。表面にハードコート加工を施しているので、キズや汚れに強いことが特徴です。接着面には高品質シリコン粘着剤を使用しているため、貼り付け時に小さな気泡ができにくく、何度でも貼り直しが可能。価格もリーズナブルで、初めての液晶保護フィルムにオススメです。商品には液晶を拭くためのクリーニングクロスも付属しています(全ての液晶保護フィルムに共通)。

抗菌のクリーニングクロスも付属


そして、私が特に気に入ったのが「CYBER・液晶保護フィルムPremium(3DS用)」(648円)。「Premium」と銘打っているだけあって、ハードコートの機能に加え、業界トップクラスを誇る95.7%の光透過率と光反射低減機能も持つとか。実際に液晶画面に貼ってみても、貼る前との違いが分からないくらいきれいに見えます。さらに、タッチパネルで使用頻度が高い下画面用を2枚組にした「CYBER・液晶保護フィルム[下画面専用2枚組](3DS用)」(553円)も用意されています。

透明度が高いため、フィルムを貼る前と違いが分かりません


【オススメアイテム その2】衝撃にも強いハードケース!

ケース類も複数の商品があります。まずは「CYBER・セミハードケース(3DS用)」(934円)。こちらはEVA素材を使ったケースで、外からの衝撃に対して威力を発揮します。試しに3DSを入れてみると、中はゴムバンドで固定するようになっていてケースを開けた時の不意の落下を防止できるよう設計されています。これなら、電車の中で3DSを取りだす際も安心ですね。ゲームカードやクリーニングクロスを収納できるポケットが付いています。さらにARカード用のケースも付属で付いていますので、この商品があれば3DSの持ち歩きに困ることはないでしょう。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッド、ディープブルー、グリーン、イエロー、パープル、ピンク、オレンジ、シルバーの10種類がラインナップされています。

固定バンド内蔵、ARカードケース、カラビナ、ゲームカードホルダー、アクセサリポケットと充実したセット内容は業界随一です。
ゴムバンドで固定され、ケース開閉時の本体落下を防ぎます


【オススメアイテム その3】装着しながら遊べるプロテクトケース!

「CYBER・プロテクトケース(3DS用)」(934円)は3DSに装着して使用するケース。高品質ポリカーボネートの素材を使っていて、こちらも本体をキズから守ってくれます。装着していても、電源アダプタやゲームカードの差し替えなどが可能で、そのまま「セミハードケース」に収納できるようにサイズが配慮されています。好きなシールを貼るなどして、自分流にカスタマイズするのも楽しそうですね。

カラーバリエーションは、クリアブラックとクリアブルーの2種類です。今回はクリアブルーで試しましたが、アクアブルーの本体にきちんとマッチするカラー&デザインで、違和感はありませんでした。

装着したままカードの交換やケーブル類の接続が可能


【オススメアイテム その4】手ざわりも心地よいシリコンジャケット!

「プロテクトケース」の硬質な感じがちょっと・・・という方には「CYBER・シリコンジャケット(3DS用)」(934円)という商品もあります。こちらは柔らかなシリコンラバー製で、3DSを包み込むような感触。キズや汚れから3DSを守ってくれるだけでなく、ホコリが付きにくい加工もされていて、さらりとした手ざわりになっています。

こちらも装着したまま、セミハードケースに収納できます。

カラーバリエーションは、クリアホワイト、クリアブラック、クリアブルーの3種類です。

シリコンジャケットは包み込むような優しい感触が特徴


【オススメアイテム その5】出し入れも簡単な低反発ポーチ!

最後に「CYBER・低反発ポーチ(3DS用)」(1219円)もご紹介。マイクロファイバーと形状記憶ポリウレタンでできた軽いポーチでありながら、こちらも外部からの衝撃やキズから3DSを守ってくれます。指で押してみると、低反発素材というのが実感でき、へこんだ部分が自然に戻ります。さらに、表面のマイクロファイバー素材はクリーニングクロスとしても使えるので、3DS本体表面についた指紋などをきれいに拭き取れます。

ポケット形状になっていて、出し入れも非常に簡単。思い立ったときに、さっと本体を取り出して遊べそうです。

カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2種類です。



以上7製品でした。ちょっと長くなりそうなので、後半に続きます!

なお、今回試した製品は、いずれも大手家電量販店、ゲームショップ、TVゲームFC店などで購入できます。

3DSの美しさを保つアクセサリたちをチェック 後編はこちら
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

    「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 「ファミリーコンピュータ コントローラー」発表! Nintendo Switch Onlineのファミコンゲーム専用

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

アクセスランキングをもっと見る