人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2011】遮蔽物を計算することでレンダリングを効率化するミドルウェア「Umbra 3」

ゲームビジネス 開発

【GDC2011】遮蔽物を計算することでレンダリングを効率化するミドルウェア「Umbra 3」
  • 【GDC2011】遮蔽物を計算することでレンダリングを効率化するミドルウェア「Umbra 3」
  • 【GDC2011】遮蔽物を計算することでレンダリングを効率化するミドルウェア「Umbra 3」
  • 【GDC2011】遮蔽物を計算することでレンダリングを効率化するミドルウェア「Umbra 3」
フィンランドのヘルシンキから注目のミドルウェアを紹介します。

Umbra Softwareの「Umbra 3」はレンダリングを最適化するミドルウェアです。具体的にはプレイヤーの視点から遮蔽物を計算して、その裏や建物の奥など見えない範囲のオブジェクトを描写しないことでパフォーマンスを向上させるものです。

実は以前にも一度だけ紹介したことがあるのですが、GDC 2011にはよりパワーアップした最新バージョンの「Umbra 3」が出展されていました。

「Umbra 3」の特徴は遮蔽物の計算が拡充されていること。これまではプレイヤーの現在の視点から計算していたのですが、最新バージョンでは複数の移動できるカメラを利用して、プレイヤーが30秒後までに移動する確率のある場所を検索して遮蔽物の計算を行います。事前にバックグラウンドで処理を走らせることで結果的に処理負荷を軽減します。

また、付加的な機能としてプレイヤーの場所と配置されている様々なオブジェクトがどのくらいの距離にいるかを取得できるようになりました。これにより、ある距離以下になった場合にAIを作動させる、音源の処理を行うようにする、といったことが可能になりました。

「Umbra 3」は「オブティマイザー」と「ランタイム」の2つで構成されていて、事前にゲームで「オブティマイザー」を走らせることでデータを収集。そのデータをゲームエンジンに組み込んだ「ランタイム」で使用して計算を行っていきます。レンダリングを効率的に行うことで処理負荷を下げる一方で「ランタイム」の負荷が重いと意味がないのですが、かなりコンパクトな作りでインパクトは殆どないとのこと。

国内ではIGMが代理店として販売しています。評価版もあるということですので興味のある方はお問い合わせを。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. 【GDC 2014】シムも"ながら動作"が可能に『ザ・シムズ4』が取り組むAIシステム

  7. カナダゲーム市場の現状とビジネスチャンスを探る・・・「第二回 日本・カナダ ゲームサミット」

  8. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  9. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  10. スマホゲームのPS Vita移植で炎上しないためには? ソニーの開発者がUnite 2015で講演

アクセスランキングをもっと見る