人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング

昨年ディズニーが買収したソーシャルゲームデベロッパー大手のPlaydomでパフォーマンスマーケティングを担当するRajeev Behera氏が「Performance Marketing and Social Gaming」と題した講演をGDC最終日に行いました。主にFacebookでの広告について分析しています。

ゲームビジネス 開発
【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
  • 【GDC2011】ディズニー傘下のPlaydomが語ったソーシャルゲームマーケティング
昨年ディズニーが買収したソーシャルゲームデベロッパー大手のPlaydomでパフォーマンスマーケティングを担当するRajeev Behera氏が「Performance Marketing and Social Gaming」と題した講演をGDC最終日に行いました。主にFacebookでの広告について分析しています。

最初に取り上げられたのは「Facebook Ads」。最も基本的な広告で、ページの右側にタイトル+テキスト+画像という形式で並んでいます。Google Adsenseのような入札画面からキーワードや出稿セグメントを選択して出稿することができます。

「Facebook Ads」の利用についてBehera氏はLifetime Value(LTV=一人の登録ユーザーが最終的にもたらす収益)がCPI(1登録あたりの獲得コスト)を下回らないように運用する必要があると説きます。ただし、LTVを算出するのは運営初期には難しく、それも変動が大きい要素という困難さがあると認めていました。現実的には現状上げている収益の中、もしくは厳密には導けなくとも将来の期待値を元に出稿することになりそうです。

Playdomでは「Facebook Ads」を出稿する場合は複数のクリエイティブを用意してABテストを実施しているそうです。タイトル+テキスト+画像という形式のうち、タイトルは2~3個、画像は沢山用意して組み合わせで一番効率的なものを残していくようです。これは多くのデベロッパーで行われているようです。

ABテストを実施


Facebookには「Facebook Ad Networks」というアドネットワークも存在します。こちらはCPIが低く抑えられるものの、ターゲティングが不十分で、管理も煩雑になっているとのこと。

「Cross Promotion」はアプリ間の誘導というようなニュアンスで、サードパーティが提供するApplifierのようなサービスや、自社のアプリ内の相互誘導があります。こうした手法では一般的に広告を打つよりも安価にユーザーを獲得できるとのこと。

Cross Promotionの例。上段がApplifier


最後にEメールは非常に低コストなのが特徴。ただし、自社のユーザー以外にメールを打つことは難しいので、休眠ユーザーを掘り起こすということに用いるのが良さそうです。Open-rate(開いてくれる確率)は37%ほどと高いそうですが、Open-rateやClick-rateではなくアクティブユーザーに復帰した率や収益化できた率で把握するのが良いのではないかということでした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

    『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  3. スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

    スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. コミュニティとゲームの未来は?~「日本で育つ新しいコミュニティの魅力」新世代ブロードバンド研究会

  6. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  7. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  9. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  10. EAスポーツ、NCAAの名前を外してカレッジフットボールシリーズを継続

アクセスランキングをもっと見る