人生にゲームをプラスするメディア

3DSとNGP、任天堂とソニーの激突が過熱 ― 価格.com調べ

その他 全般

ニンテンドー3DS コスモブラック
  • ニンテンドー3DS コスモブラック
  • NGP本体
  • ニンテンドー3DS アクアブルー
購買支援サイト「価格.com」は、携帯ゲーム機の最新動向についてユーザーのアクセスやクチコミをもとに現状分析した結果を発表しました。

ニンテンドー3DSやNGPの発表を受けて、大きな動きが見られたようです。

「価格.com」のデータ分析によると、まずは現在の市場ですが、「ゲーム」カテゴリのここ2年間の製品ページへのアクセス推移のうち、ソニーの「PSP(UMD対応機種)」「PSP go」、任天堂の「ニンテンドーDS」(全モデル)について見てみると、2009年の段階では「PSP」「ニンテンドーDS」はほぼ同じくらいの人気レベルだったのが、2010年になると「ニンテンドーDS」のアクセスが下降し、「PSP」に人気で差をつけられるようになっていることが分かりました。

特に、2010年末にはその差は一時期3倍以上にも膨らんでいました。これは、「ニンテンドーDS」では、ゲームソフト面では2010年には『ポケットモンスター』シリーズが発売されたのが目立ったくらいで、その他のキラータイトルが発売されなかったのに対し、「PSP」では、2010年12月に『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売されたことで、人気爆発となったことが原因とみられます。

とくに『MHP3rd』の発売された12月には月間180万PVにも達し、ライバルの「ニンテンドーDS」を100万PV以上も引き離した形となりました。



「ニンテンドーDS」の後継機「ニンテンドー3DS」も、2010年3月には発表されていましたが、2010年中には発売されず、結局2011年2月26日の発売となったため、年末商戦には影響を与えませんでした。

しかし年明けの1月22日より予約受付が開始されると、家電量販店の店頭や、WEB通販サイトには予約希望のユーザーが殺到。価格.comでの「ニンテンドー3DS」も、1月20日のアクセス数が約80,000PVまで急上昇しました。

翌日以降は、予約受付終了を受けてアクセスは低下し、2月1日以降は16,000PV前後まで低下したものの、2月26日の発売が近づくにつれて少しずつアクセスが上がってきており、2月21日には約27,000PVとなっています。注目度はかなり高いと言っていいでしょう。



対する「PSP」は、1月27日に後継モデルとして「ネクストジェネレーションポータブル(NGP)」が突如発表されました。960×544ドットの高解像度有機ELディスプレイを搭載、マルチタッチ操作対応、3Gネットワーク対応など、先進スペック面で話題となり、「NGP」の製品ページへのアクセス数は発表日の1月27日が約9,7000PV、1月28日には約23,000PVを記録しました。

しかし発売が2011年末であることや、価格や詳細スペックが未定など、情報が不足していることもあって、5日後の2月1日には、10,000PVを割り込みました。発売前の注目度では、やはり発売日の大きなズレなどもあって「ニンテンドー3DS」に軍配が上がりました。

ただし、従来型の「PSP」、特に「PSP-3000」については、いまだに人気高の状況が続いています。年末から年始にかけて、本体が市場からほとんど姿を消すという品薄状態になっており、今でもその状況はあまり変わっていません。価格.comでも希望小売価格を上回っているプレミア価格がついた状況で、その他のUMD搭載のPSP各モデルも軒並み品薄となっています。

「価格.com トレンドサーチ」調べ(http://xn--1sqt31d.com
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

    ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  2. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

    【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

  8. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【プレイレポ】正義をテーマにした中世ファンタジーMMORPG『BLESS』

アクセスランキングをもっと見る