人生にゲームをプラスするメディア

モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」

PCゲーム ソーシャルゲーム

モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
  • モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
  • モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
  • モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
  • モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
  • モバゲータウンがサービス名とロゴを一新、3月28日より全世界で「Mobage」
ディー・エヌ・エーは、2011年3月28日より「モバゲータウン」のサービス名称を「Mobage」に変更し、サービスロゴを世界共通に一新すると発表しました。



DeNAは現在「X-device」「X-border」を2本柱とする成長戦略を推進しています。

「X-device」は、携帯電話やスマートフォン、パソコンなど、様々な情報端末に対応したマルチデバイスのプラットフォームを構築というもの。「X-border」は、プラットフォームをグローバルに展開するもので、現在は英語圏と中国において事業を推進しています。



2010年11月にスマートフォン向けゲームコミュニティプラットフォーム「plus+ Network」を運営するngmoco社を子会社化。



これに伴い、DeNAは「モバゲータウン」と「plus+ Network」のサービス名称を世界共通ブランドを「Mobage」に統一。ロゴも同時に一新しました。

この新しいロゴのデザインについては「世界を、そして未来を見つめる目」をイメージし、「お互いの顔が見えないバーチャルコミュニティの世界でも楽しくコミュニケーションして欲しい」という気持ちが込められています。



なお、「Yahoo!モバゲー」に関しても新ロゴのデザインに差し替えになります。
《まさと》

編集部おすすめの記事