人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、第3四半期業績はKinectタイトルが好調

ゲームビジネス 市場

ハドソンが発表した平成23年3月期 第3四半期の連結業績は、売上高110億4900万円(△10.2%)、営業利益9億0200万円(△28.1%)、経常利益8億3200万円(△32.6%)、純利益4億7600万円(△25.4%)となりました。

第3四半期はKinect向けの『DECA SPORTA FREEDOM』を全世界でリリースし、米欧で計画を上回る売れ行きとなっているとのこと。その他、DS向け『桃太郎電鉄WORLD』『メタルファイト ベイブレード』、海外のWii向け『BEYBLADE:Metal Fusion』などを発売。ダウンロードではPSN『ブルーオアシス』、XBLA『Bomberman Live』などが引き続き好評でした。

ネットワークコンテンツ(モバイル)では自社サイトの会員数が減少傾向にある一方、GREE向けに『桃太郎電鉄Lite』など展開をスタートしています。また、iPhoneでは『PC Engine GameBox』『めざせ!!釣りマスター』などを新たにリリース。既存タイトルも含めて拡大しているとのこと。

通期の業績予想は売上高170億円、営業利益12億円、経常利益12億円、純利益7億円を据え置いています。

また、ハドソンでは先に発表したコナミによる完全子会社化に関して、臨時株主総会を3月8日に開催すると発表しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  2. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  5. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. 【CEDEC 2010】外国人が語る欧州言語向けローカライズの実情

  10. 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

アクセスランキングをもっと見る