人生にゲームをプラスするメディア

新生・角川ゲームスが『アースシーカー』『天空の機士ロデア』を発表

角川ゲームスは1月20日、東京・泉ガーデンギャラリーで「角川ゲームスカンファレンス 2011 KICKOFF」を開催。Wiiソフト『アースシーカー』とWii/ニンテンドー3DSソフト『天空の機士ロデア』の情報などを公開しました。

任天堂 Wii
天空の機士ロデア
  • 天空の機士ロデア
  • アースシーカー
  • 新生・角川ゲームスが『アースシーカー』『天空の機士ロデア』などを発表
  • 天空の機士ロデア
  • アースシーカー
  • 新生・角川ゲームスが『アースシーカー』『天空の機士ロデア』などを発表
  • 天空の機士ロデア
  • アースシーカー
角川ゲームスは1月20日、東京・泉ガーデンギャラリーで「角川ゲームスカンファレンス 2011 KICKOFF」を開催。Wiiソフト『アースシーカー』とWii/ニンテンドー3DSソフト『天空の機士ロデア』の情報などを公開しました。

角川ゲームスは、2009年4月に設立。アスキー・メディアワークスとエンターブレインが制作するゲームソフトの発売や販売をしてきました。今年4月からは、角川書店、エンターブレイン、アスキー・メディアワークスのゲームパブリッシング事業が、角川ゲームスに集約されることになります。



最初に登壇したのは角川グループホールディングス代表取締役社長・佐藤辰男氏。

「設立から2年。満を持して発表できるのがうれしい」と佐藤氏。角川ゲームスでは「世界に通用するコンテンツを育てる」「ゲーム事業の強化、販売の統合」「ソーシャルアプリ」を3つの柱としていきたいと話し、同社のゲームタイトル紹介へと移ります。


■アクションが苦手な人にも『アースシーカー』を

最新情報が公開されたのは、4月7日に発売されるWiiソフト『アースシーカー』です。ここではエンターブレインのソフト開発局長・竹田健氏が登壇。「家庭用ゲームを取り巻く状況は厳しいが、新しいコンテンツを発信していきたい」と話します。

そして、エンターブレイン代表取締役社長・浜村弘一氏と、クラフト&マイスター取締役の船水紀孝氏が登場。浜村氏が、船水氏に『アースシーカー』についてインタビューします。



『アースシーカー』は、地球を脱出しようとした宇宙船が墜落してしまったことで、あちこちに散らばってしまった世界の遺産を集めるアクションゲーム。「これまでは作ったゲームを友だちや女性にあげると、『アクションは苦手…』と言われた」と船水氏。「だから、そういう子たちでもできるものを作りたかった」といいます。



同作はアクションが基本ですが、好きなときに時間を止め、ガーディアンと呼ばれる仲間たちに指示を出すことができます。指示は、個別に出すことも2~3体にまとめて出すこともできるとのこと。また、ニンテンドーDSiのDSiウェアと連動しており、遺跡からから見つけたものをDSiウェアでクリーニングし、アイテムを作ることができるようです。


■大空を駆けめぐる『天空の機士ロデア』

続いて今回初公開となるWiiとニンテンドー3DSソフト『天空の機士ロデア』について、紹介が行われました。角川ゲームス初のニンテンドー3DSタイトルで、角川ゲームスのプロデューサー・長谷川仁氏から、プロペの中裕司氏に「名作を作りましょう」と声をかけたところから始まったプロジェクトだといいます。



『天空の機士ロデア』は、飛行アクションに革命を起こす「フライングアクション」で、Wiiリモコンのみを使用。プレイヤーは、画面をポインティングすることで主人公ロデアを操作し、空中バトルもこなします。ボス戦では、中氏が「これまでに作ったゲームのなかで、もっとも巨大なボスにしたかった」と言うように、とてつもない大きさのキャラクターが登場するようです。



同作の「1000年の時空を駆ける機械と人の物語」を描くのは、シナリオライター実弥島巧氏。中氏は「ここまで話を作りこんだアクションゲームはあまりない」と語ります。

なお、主人公で、人の心を持ったロボット・ロデアを演じるのは、声優・中村悠一氏。機械いじりが好きな女の子・イオンは、声優・花澤香奈さんが演じます。

花澤さんはビデオコメントで、「イオンはパワーのある女の子。作品のなかでロデア、中村悠一さんを振り回していると思うと気分がよかった」と話していました。



同作はもともとSF、スパイもの寄りの世界観でしたが、長谷川氏と中氏の話し合いにより、現在の「スカイファンタジー」へと変貌を遂げたといいます。


■「生粋の角川っ子」須田氏登場

さらにここからは、グラスホッパー・マニファクチュアのCEO・須田剛一氏と、角川ゲームス代表取締役社長・安田善巳氏のトーク・セッションに入ります。



須田氏は自ら「生粋の角川っ子」だといい、創刊当時の雑誌『バラエティ』を持参。披露します。

その後、なぜか角川ゲームスの広報・市橋美月さんの話題となり、市橋さんが岐阜の観光大使を務めていることなどに話がおよびますが、市橋さん自身が話題を軌道修正します。

『アースシーカー』について、須田氏が「船水さんのファンなので、船水さんの新作が遊べるというだけでうれしい」と話すと、安田氏は「船水クオリティに仕上がっているようだ」とコメント。『天空の機士ロデア』については、「Wiiリモコンだけというのは革新的。かっこよくて気持ちがよい」と須田氏。安田氏は「中さんと(シナリオの)実弥島さんの個性がぶつかっていて、面白くなりそう」と話していました。



安田氏によれば、角川グループのゲーム事業の原点は、1980年代前半のテーブルトークRPGだといい、それは「ザ・テレビジョン」の別冊として発行された「コンプティーク」や、そこに掲載された「ロードス島戦記」と深いつながりがあるといいます。

この「コンプティーク」とテーブルトークRPGとが、ゲームクリエイターに影響を与え、やがて「JRPG」の源流になったというのです。これには須田氏も同意します。

なお、雑誌「コンプティーク」の初代編集長は、冒頭に登場した角川グループホールディングスの代表取締役社長・佐藤氏です。

これを聞いて、「…ということは、佐藤社長がJRPGを生み出したということになりますね」と須田氏。安田氏は、「それは言いすぎです」と笑っていました。



最後は、スペシャルゲストとして任天堂の代表取締役専務・波多野信治氏が登壇。2007年をピークに同社のハードとソフトの市場、特にソフトの市場が縮小しつつある現状に触れ、新しく生まれかわる角川ゲームスに「ますます売れるよう頑張っていただきたい。任天堂も協力をする」とエールを送っていました。

『アースシーカー』は、2011年4月7日発売予定で価格は7,140円(税込)です。『天空の機士ロデア』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)2011 ENTERBRAIN, INC. Developed by Crafts&Meister Co.,Ltd.
(C)KADOKAWA GAMES / PROPE
《D》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  2. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

    『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

  3. 『はじめてゲームプログラミング』に素人が約10時間挑戦!本当に未経験者でもゲーム制作ができるのか?

    『はじめてゲームプログラミング』に素人が約10時間挑戦!本当に未経験者でもゲーム制作ができるのか?

  4. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  5. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  6. 『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

  7. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し【UPDATE】

  8. 『MELTY BLOOD: TYPE LUMINA』ティザームービー初公開!新生した「志貴」「アルクェイド」「秋葉」「シエル」のバトルシーンを見よ

  9. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  10. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る