人生にゲームをプラスするメディア

『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』ではマイキャラクター作成が可能

任天堂 Wii

SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
バンダイナムコゲームスは、Wii/PSPソフト『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』の最新情報を公開しました。



『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』は、人気のウォーシミュレーション最新作。話題の「機動戦士ガンダムUC」(2話まで)を含め、ついに本格参戦となる「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」、9月に公開された「劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」(クアンタと刹那のみ)を網羅。さらにはTVやプラモで展開中の「SDガンダム 三国伝」(4キャラ)までもが参戦、全50タイトルが勢揃いすることとなりました。

システム面では、前作のウォーズブレイクが進化した「ジェネレーションブレイク」、設計可能なユニットの組み合わせを自動で行い、生産リストに一斉登録可能な「全設計」「ターゲットアシスト機能」、MAP上でも展開されるアニメーションといった新要素が搭載されています。



そして、『ジージェネ』シリーズでは初のオリジナルのパイロットが作成するできる「マイキャラクター作成」が新たに導入されます。名前、性別、成長タイプ、服装、ボイス、戦闘時BGMを自由にエディットできます。



マイキャラクターは最大10人まで登録可能で、編成メニュー画面から選ぶことができます。さらに、PSPのアドホックモードを使い、ユーザー同士で「ユニットの生産リスト」と「マイキャラクター」のデータを送り合うことも可能です。



(Wii版はWiiリモコンを使ってデータの送受信を行います。)



たとえば、まだ持っていないユニットの生産リストを、友達から得ることでステージ攻略を有利に進めたり、友達同士で協力して効率よく生産リストのコンプリートを目指すといったことが可能です。マイキャラクターは、成長させたレベルやステータスを保持したまま送信されます。



また、新規の戦闘シーン、MS、キャラでは、GNアーチャー(パイロット:ソーマ・ピーリス)、ガンダムナドレ(パイロット:ティエリア・アーデ)、ギリ専用ビギナ・ギナII、コルニグス(パイロット:影のカリスト)、ジェニス改エニルカスタム(パイロット:エニル・エル)、スタークジェガン、スターゲイザー(パイロット:セレーネ・マグクリフ)、ヤザン隊のハンブラビのビジュアルが公開されました。

『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』は2011年2月24日発売予定、価格は通常版が6,090円(税込)、コレクターズパックが9,240円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

    『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スマブラSP』ダッシュファイター「ダークサムス」が紹介―ミサイルの形や立ち姿など所々に変化が

  5. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「きのこの山 vs たけのこの里」事前投票はたけのこ有利!【読者アンケート】

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

  10. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る