人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo World 2011】『DEAD OR ALIVE Dimensions』新モードのクロニクルモードなどを体験+最新映像

コーエーテクモゲームズから3月24日の発売が決定したニンテンドー3DS向け『DEAD OR ALIVE Dimensions』。10日まで開催されている「Nintendo World 2011 ニンテンドー3DS体験会」の会場にて遊ぶことができました。

任天堂 3DS
【Nintendo World 2011】『DEAD OR ALIVE Dimensions』新モードのクロニクルモードなどを体験+最新映像
  • 【Nintendo World 2011】『DEAD OR ALIVE Dimensions』新モードのクロニクルモードなどを体験+最新映像
  • 【Nintendo World 2011】『DEAD OR ALIVE Dimensions』新モードのクロニクルモードなどを体験+最新映像
コーエーテクモゲームズから3月24日の発売が決定したニンテンドー3DS向け『DEAD OR ALIVE Dimensions』。10日まで開催されている「Nintendo World 2011 ニンテンドー3DS体験会」の会場にて遊ぶことができました。

久しぶりのシリーズ完全新作となる本作、特徴となるのは新モード「クロニクルモード」です。これはシリーズの『1』~『4』までのストーリーを追体験できるモードです。物語は主人公の「あかね」が里を抜け出そうと釣り橋を渡るシーンからスタートします。その「あかね」を追うのは「あやね」。"抜け忍には死を"と戦闘になります。戦闘が終わるとムービーシーンに。今回の体験版ではここまででしたが、物語を進めながら様々な戦いを進んでいくことになりそうです。

もうひとつ遊べたのは「アーケードモード」。こちらはキャラクターを選択して、様々なキャラクターとの戦闘を楽しむ一般的なモードになります。戦闘の醍醐味をじっくり味わう事が出来ました。ステージは疑似3Dの横視点で展開。各ステージはそれなりの広さがあり、崖まで追いつめて下に落とすと、更に下の場所で戦う、というようなところもあります。

以前のインタビューでも、格闘ゲームを普段遊ばないプレイヤーに対しても訴求したいということでしたが、下画面に常にコマンドリストが表示され、ガチャガチャプレイでもそれなりに技を繰り出せるようになっています。操作性も良く、完成度は高そうでした。

飛び出すだけでなく揺れも体験できる『DEAD OR ALIVE Dimensions』は3月24日に発売。価格は6090円です。

《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

    『あつまれ どうぶつの森』喜ぶレイジに黒い笑みのつねきち! 島の重役たちが2020年を振り返る

  2. ニンテンドースイッチの本体アプデVer.11.0.0がアツい! PC&スマホへのスクショ転送、トレンド機能など見どころを具体的にチェック

    ニンテンドースイッチの本体アプデVer.11.0.0がアツい! PC&スマホへのスクショ転送、トレンド機能など見どころを具体的にチェック

  3. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  4. 新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

  5. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  6. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  7. ニンテンドースイッチ本体アップデート11.0.0配信開始―USB接続でPCへ画像・動画を転送可能に

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  10. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

アクセスランキングをもっと見る