人生にゲームをプラスするメディア

RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

ゲームビジネス その他

最後の約束の物語
  • 最後の約束の物語
  • 最後の約束の物語
  • ブラック★ロックシューター THE GAME
  • 最後の約束の物語
  • ブラック★ロックシューター THE GAME
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • 最後の約束の物語

■2014年までは国内向け、2015年から真のセカンドステージです

―――御影さんは自分でもゲームをよく遊ばれているとか。

御影:以前は全部遊んでいましたが、発表会で公言してから、いじめのように、いろんな企業さんからゲームが届くんです。なのでホントに死にそうで。発表会では積みゲーは無いといいましたが、もう4本積みゲーになってます。しかもRPGを遊ぶと公言しちゃったので、「モンハン」を遊んでいる暇もないんですよ。

―――RPGは一通りチェックされていますか?

御影:そうですね。僕は学生時代にゲームを遊ぶのを禁止されていたんです。だから昔のゲームの話では劣りますが、社会人になってから遊んだゲームの量については、たぶん誰にも負けない自信があります。こと最近のRPGは全部遊んで、クリアしているので、けっこう濃い話ができると思いますよ。特に研究だから遊ぶというわけではないので、結局好きなんでしょうね。研究のつもりで遊ぶとつまらないし、続かないんです。

―――RPGにこだわったゲームを作られていくのですか?

御影:そうですね。5年から10年はRPGだけを作ります。一口にRPGといっても、アクションRPGをはじめ、コマンド式RPG以外にいろいろありますが、RPGというキーワードが絡むゲームを作ります。他のジャンルのゲームは作らないのって、良く聞かれるんですよ。もちろん作る用意はありますし、そうした体制を整えていく必要があるとも思っています。ただ、僕たちの目下の仕事は、「JRPGセカンドステージ」というキーワードに対する責任を、お客様に対してはたすこと。なので最初にJRPGというキーワードを覚えていただければ、十二分ですね。

―――JRPGでもう一度世界を席巻するイメージですか?

御影:席巻(笑)それはまったく思ってないです。JRPGが世界を席巻することはないと思います。というのも、JRPGは日本人向けに特化したRPGのスタイルだからです。今からたぶん3年後、2014年くらいまでは国内向けに集中した形でJRPGを作ります。もちろん、そこから海外向けにローカライズして発売はしますよ。今、JRPGって国内で最大50万本、北米で2-50万本、欧州で15-20万本くらいの市場があるんです。つまり合計で100万本くらいの市場。そこにアプローチして、最大で50万本くらいのヒットが出せれば、十二分なんです。

―――新作タイトルでPSP向けが多いというのも、その一環ですか?

御影:ええ。なぜPSP重視かと思われた方が多いと思います。ブログなどで、イメージエポックにHDゲーム(PS3・Xbox360向け)はまだ早いなどとも書かれています。それに対して全否定はしませんが、一方で2011年にPSPに向けて、RPGをキチンと供給していく企業って、多くないと思うんですよね。というのも、恐らく数年でPSPも世代交代の時期にさしかかるからです。一方でPSP市場には、まだRPGの需要が確実にあります。パブリッシャ宣言の背後には、そうしたマーケティング的な経営判断も含めたつもりです。

―――その市場を押さえるというわけですね。

御影:はい。イメージエポックでは2011年以降、3-4ヶ月に1本のペースでPSP向けにRPGを提供できたらと考えています。来年いっぱいはPSPユーザーに損をさせない自信がありますよ。やっぱり一本だけじゃなくて、定期的にちゃんと遊べるソフトがないと、ダメなんですよね。発表会でも言いましたが、たいてい1本遊んでクリアしたら、また3-4ヶ月後に別のRPGを遊びたくなるんです。でも、それに応えるタイトルがないという状況が多くて、こうしたニーズに応えていきたい。2011年はPSPを持っていればイメージエポックのRPGが稼動できる、という環境作りをしていきたいと思っています。

せっかく特定のハードを持っていても好きなジャンルのゲーム発売が年1~2本では悲しいと思うんですよね。

第一弾『最後の約束の物語』


第二弾『ブラック★ロックシューター THE GAME』


―――2015年からは、どのようにシフトしていきますか?

御影:2014年までのノウハウも生かしつつ、いよいよHDゲーム機向けに、ワールドワイドに向けてJRPGの進化形をリリースしていきます。これが2015年から2020年くらいのうちの商品で、いずれも先ほど述べました意味においてのワールドワイドで、ミリオンタイトルを狙います。そこが本当の意味での「JRPGセカンドステージ」になると思います。その時にも3-4ヶ月に1本のペースで作品を発売していく体制を作るように努力します。僕は1本すごいのを作って、それから3年くらい何も出てこない、といったスタイルはいやなんです。そのためには今のうちから、しっかりと準備を整える必要がある。実際、HDゲーム機向けの開発も、すでにスタートしているんですよ。

■コンソールメーカーだからできる「オンライン」の取り組み

《小野憲史》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  2. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  3. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

    レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  4. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  5. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  6. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る