人生にゲームをプラスするメディア

全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

2016年は“VR元年”とも言われており、10月に発売されるPS VRや、各施設でのVRアトラクション設置など、多彩な展開が行われる年になっています。

ゲームビジネス VR
全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い
  • 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い
  • 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

2016年は“VR元年”とも言われており、10月に発売されるPS VRや、各施設でのVRアトラクション設置など、多彩な展開が行われる年になっています。

もちろんリリースだけでなく、VRの「これから」に繋がる様々な開発も引き続き行われており、PDトウキョウが取り組んでいる体感型アクションVRコンテンツ『CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)』もそのひとつです。

この『CIRCLE of SAVIORS』は、襲い来る敵を剣と盾で華麗に撃退する体感型ゲームですが、その体験内容以外にも大きな特徴があります。VRコンテンツの多くは、体験者以外が楽しめないというデメリットを持っていましたが、このコンテンツでは「リアルタイム複合現実」技術を用いることで、ヘッドマウントディスプレイを装着していない方も、大型モニターに表示されるプレイ画面で、同時にコンテンツを楽しむことができます。


VRに“共有する楽しさ”を加えるこの技術は、ゲームだけでなくイベントやテレビ番組などにも活用できる可能性を秘めており、VRの更なる躍進を予感させてくれます。7月17日に行われた「Unity VR EXPO AKIBA」にデモ出展した際には、「グッドコンテンツアワード」を受賞するなど、早くも高い注目を集めました。

今後、VRがどのように発展していくかはまだ未知数ですが、PDトウキョウが取り組んでいるこの提案が、その一助となるかもしれません。『CIRCLE of SAVIORS』に興味が湧いた方は、プロモーション映像が公開されているので、まずはそちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。セーラー服に身を包んだプレイヤー(辻彩加さん)が、VR上で再現された剣と盾を駆使し、スカートをはためかせながら敵を倒す姿も凛々しいばかりです。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=SIK1qeS_5wA

■タイトル:CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)
■対応機種:HTC Vive / GearVR
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. シンラ・テクノロジーが解散、スクエニHDは約20億円の特損を計上

    シンラ・テクノロジーが解散、スクエニHDは約20億円の特損を計上

  2. バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

    バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  5. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  6. 時限更新型RPGの魅力をあなたに ― 『エルダーサイン』インサイド限定アイテムで序盤を完全攻略

  7. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  8. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  9. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  10. 日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

アクセスランキングをもっと見る