人生にゲームをプラスするメディア

鈴木裕氏:『シェンムーIII』のコンセプトは既に存在する

ゲームビジネス 開発

『シェンムー街』制作発表会レポート
  • 『シェンムー街』制作発表会レポート
現在はモバイル向けの新作ソーシャルゲーム『シェンムー街』に取り組む元セガのクリエイター鈴木裕氏。海外サイトに掲載された超ロングインタビューで、未だ発売の実現していない『シェンムーIII』に関して興味深い発言をされているようです。

鈴木氏はインタビューの中で、「『シェンムーIII』のコンセプトは既に存在する」と笑い混じりに告白。『シェンムーI』や『シェンムーII』では、ゲーム中のダイアログ(会話テキスト)の8割が主人公の二人を除いた脇役のセリフで、外の世界に広がりを持たせていたそうですが、反対に『シェンムーIII』ではメインキャラクターの内面を掘り下げており、特にヒロインのシェンファのセリフが大部分を占めるとのこと。

さらに同氏は深みを持ったダイアログの一例を紹介。主人公の二人が家で過ごすシーンでは、シェンファがお茶とコーヒーのどちらを飲みたいか涼に聞いたり、「川を渡る際に猿か猫か犬か鳥のどれか1匹を置き去りにしなければならない。あなたなら誰を置き去りにする?」といった心理的な質問を次々と投げかけてくるのだとか。

そうした様々な質問に対してプレイヤーが選んだ回答はゲーム内で記録され、他のキャラクターとの関係に影響を及ぼしていくとのこと。但し、こうした設定はあくまでアイデア段階のもので、実際にゲームとして出来上がっているわけではないようです。

一方、鈴木氏は「『シェンムー』第1作目をリメイクするとしたらUnreal Engineを使うか」との別の質問に対し、「現在はUnreal Engineを含め様々なゲームエンジンの選択肢がある」とする回答をした上で、「ビジュアルを強化する利点はほとんどない、私ならプログラマーにラーメンは3分で冷めるようにと指示する」などと述べています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  2. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 2017年第3四半期VRヘッドセット出荷が100万台突破―ソニー/Oculus/HTCが86%占める

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. ゲーム開発者向けセミナー、バンダイナムコゲームス馬場哲治氏が流体力学の応用を講演

  7. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  8. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  9. 【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る