人生にゲームをプラスするメディア

全てのガンダム作品が1つになった世界が舞台、『SDガンダム Gジェネレーションワールド』

バンダイナムコゲームスは、Wii/PSPソフト『SDガンダム Gジェネレーションワールド』の最新情報を公開しました。

任天堂 Wii
SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
  • SDガンダム Gジェネレーションワールド
バンダイナムコゲームスは、Wii/PSPソフト『SDガンダム Gジェネレーションワールド』の最新情報を公開しました。



『SDガンダム Gジェネレーションワールド』は、人気のウォーシミュレーション最新作。話題の「機動戦士ガンダムUC」(2話まで)を含め、ついに本格参戦となる「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」、9月に公開された「劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」(クアンタと刹那のみ)を網羅。さらにはTVやプラモで展開中の「SDガンダム 三国伝」(4キャラ)までもが参戦、全50タイトルが勢揃いすることとなりました。

PSP版はデータインストール対応で、読み込みストレスのない戦闘アニメを実現。前作『SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ』と並ぶクオリティで、新規アニメも満載となっています。



システム面では前作を蹈襲し、おなじみの要素はもちろん健在で、さらに遊びやすくチューンが施されています。そして、前作のウォーズブレイクが進化した「ジェネレーションブレイク」、設計可能なユニットの組み合わせを自動で行い、生産リストに一斉登録可能な「全設計」「ターゲットアシスト機能」、MAP上でも展開されるアニメーションといった新要素も搭載されています。

また、本作はすべてのガンダム作品の世界が1つになった「Gジェネレーションワールド」が舞台。プレイヤーは自軍としてこの世界に介入し、さまざまな作品の名所(拠点)をめぐりながらステージを攻略していきます。

オリジナルテーマソングを担当するのは、川添 智久、鵜島 仁文、米倉 千尋の3人。コラボユニットとして、オープニングテーマ「Naked Soul」、エンディングテーマ「Just a Revolution」、挿入歌「ガンダムに愛を込めて」を歌い上げます。



同時発売の限定版「コレクターズパック」には、「GUNDAM LIVE ENTERTAINMENT 赤の肖像 ~シャア、そしてフロンタルへ~」スペシャルエディションDVDと「赤の肖像」特製進行台本が同梱。「赤の肖像」は「機動戦士ガンダム」から「逆襲のシャア」に至るまでの、シャア・アズナブルの心情の変遷をシャア自身の視点から描いた作品。シナリオは「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した福井晴敏氏が執筆しており、シャア・アズナブル役の池田秀一氏による朗読と原作アニメーション映像で構成されたイベントを、コレクターズパック用に特別編集した内容です。原作アニメーションの大幅追加のほか映像特典も収録されています。



なお、予約特典は月刊ガンダムエースとの創刊10周年を記念したコラボレーションにより実現した「Gジェネエース」。約200ページにおよぶ超ボリュームで、Gジェネオリジナル漫画をはじめ、ガンダムエースの人気コミックを多数収録した究極の1冊となっています。

『SDガンダム Gジェネレーションワールド』は2011年2月24日発売予定、価格は通常版が6,090円(税込)、コレクターズパックが9,240円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

    スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

  2. 「にじさんじ」叶のジンクスが『Apex』で再び!?ウィングマンのクラフト武器化で「呪われてるやん」

    「にじさんじ」叶のジンクスが『Apex』で再び!?ウィングマンのクラフト武器化で「呪われてるやん」

  3. 【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

    【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

  6. 『マリオ64』も『エルデン』も見逃せない! RTA走者が選ぶ「SGDQ 2022」の注目タイトル【RTA特集】

  7. あの“ド派手っぷり”を完全再現!『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』追加キャラ「宇髄天元」7月配信決定

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

  9. 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に音柱「宇髄天元」が“派手に”見参!「遊郭編」キャラがDLCにて追加決定

  10. 『FE無双 風花雪月』は無双ACTとSLGの“いいとこ取り”-「FE」要素の落とし込みも素晴らしく、新たな物語への期待も膨らむ

アクセスランキングをもっと見る