人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、謎の新タイトル3本をレーティングに提出

ゲームビジネス 開発

任天堂、謎の新タイトル3本をレーティングに提出
  • 任天堂、謎の新タイトル3本をレーティングに提出
  • 任天堂、謎の新タイトル3本をレーティングに提出
  • 任天堂、謎の新タイトル3本をレーティングに提出
任天堂が提示した3つの謎のタイトル、その正体は何でしょうか?

海外メディアVOOKSが伝えるところによりますと、任天堂はオーストラリアのレーティング機関Australian Classification Boardに奇妙なタイトルのゲームを提出しているとのことです。



ゲームは「001」「002」「003」と名付けられた3本で、正式タイトル及び対応機種、内容共に不明。注意書きからわずかにゲーム内容が伺えるといったところです。

「001」:「G」指定(全年齢対象)。「ユーザー制作のコンテンツがゲームを変える」との注意書き。
「002」:「PG」指定(全年齢対象と15歳未満非推奨の間)。「Mild Violence」(軽微な暴力)との注意書き。
「003」:「G」指定(全年齢対象)。「ゲーム経験はオンラインで変化する」との注意書き。

果たしてこの3本はどういった内容なのでしょうか。時期が時期だけに、ニンテンドー3DS用ゲームではないかとも考えられますが、現時点では確かなところは不明。

任天堂には「ユーザー制作のコンテンツがゲームを変える」という注意書きにぴったりな、新機種と共に発売されることの多いシリーズが存在しますが、これも憶測に過ぎません。

3本は一体どんなタイトルなのか、謎が明かされるまでにはもう少し時間が必要な模様です。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  2. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  3. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

    グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  4. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  5. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  10. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

アクセスランキングをもっと見る