人生にゲームをプラスするメディア

説得して藩の思想を変えろ『維新の嵐 疾風龍馬伝』ゲームシステム紹介

コーエーテクモゲームスは、幕末アドベンチャーゲーム『維新の嵐 疾風龍馬伝』のキーとなる「説得」システムの情報を公開しました。

任天堂 DS
維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 説得して藩の思想を変えろ『維新の嵐 疾風龍馬伝』ゲームシステム紹介
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 説得して藩の思想を変えろ『維新の嵐 疾風龍馬伝』ゲームシステム紹介
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
  • 維新の嵐 疾風龍馬伝
コーエーテクモゲームスは、幕末アドベンチャーゲーム『維新の嵐 疾風龍馬伝』のキーとなる「説得」システムの情報を公開しました。

『維新の嵐 疾風龍馬伝』は、日本を変えた維新のヒーロー「坂本龍馬」の生きざまを描いた、ニンテンドーDS向け幕末アドベンチャーゲーム。「尊王派」と「佐幕派」が対立している、幕末の日本を舞台に、プレイヤーは龍馬となり、学問や稽古で自らの能力を磨き、全国をめぐりながらさまざまな人と出会い、日本の夜明けに関わっていきます。

本作では、人脈を広げて藩の思想を変えていくことが、ゲームのカギとなっています。日本地図を移動し、様々な藩を訪れ、各地で知り合った人からさらに人を紹介してもらい、説得をして人々の考えを一つにまとめていきましょう。まず、知り合いの信頼を上げることで、藩の情報を入手できます。たとえば高杉晋作の場合、芸州藩の情報を提供してくれます。また人脈情報を見れば、キーパーソンを誰から紹介してもらえるかが一目瞭然。たとえば浅野長訓の場合、浅野忠の信頼を上げると紹介してもらえます。



各藩の情報を表示する画面では、「尊王派」と「佐幕派」の見分けが可能。尊王の藩は赤、佐幕の藩は青、まだ藩情報を入手していない藩には?のマークが表示されます。説得して相手の信頼を上げると、知っている人を紹介してもらえます。藩情報で知ったとおり、芸州藩の重臣浅野忠の場合、芸州の藩主である浅野長訓を紹介してくれます。こうして各藩の重臣や藩主を紹介してもらって、説得を重ねましょう。やがて藩の思想が転換し、藩の思想マークが佐幕から尊王へと変化していくでしょう。



「説得」は、難易度は高いがその分多くの信頼を得られます。名前の上にあるゲージを端まで押し込めば勝利とになります。説得に勝利すれば、お互いが笑って和やかに終わります。説得の結果、信頼が上昇すれば、イベントが起きたり、同行者に誘えたりできるようになります。



相手によっては説得だけでなく、“剣道”“花札”なども選択することができます。これらのゲームに勝っても相手の信頼を上げられます。



また公式モバイルサイトでは、携帯待受画面の配信もスタート。11月1日に公開された武市半平太と岡田以蔵の待受を皮切りに、12月6日まで毎週月曜日に2種類ずつ公開されていく予定です。

『維新の嵐 疾風龍馬伝』は、11月18日(木)に発売予定で価格は5,040円(税込)です。

(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スマブラSP』大乱闘?スピリッツ?―購入してから1番初めにプレイしたゲームモードを教えて!【アンケート】

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る