人生にゲームをプラスするメディア

英国兵とタリバンの戦いに国防相激怒・・・「『メダル オブ オナー』は発売中止にすべき」

ゲームビジネス 開発

英国国防相は新作ゲームにおかんむりのようです。

英国国防相であるLiam Fox氏は、新作FPS(一人称シューティング)『メダル オブ オナー』を発売中止にすべきとの見解を明らかにしました。

『メダル オブ オナー』は同名シリーズの最新作で、初めて現代戦をフィーチャー。特殊部隊の兵士としてアフガニスタンへ赴き、タリバンと戦います。

対戦ではタリバン側の兵士としてプレイすることが可能ですが、現在進行形の問題だけに批判が続出。英国軍とタリバン兵が戦っている画像が公開されたことから、Fox国防相は「タリバンの行為を再現することが許されると考えられたことに衝撃を覚える。タリバンのために子供たちは父を、妻は夫を失っている」と発言。英国内のゲームショップに『メダル オブ オナー』を取り扱わないように要請しています。

EA(エレクトロニック・アーツ)は「発売されるゲームでは英国軍は重要な役割を占めておらず、プレイヤーは英国の兵士を殺せません」「多くのポピュラーなビデオゲームは、プレイヤーがナチスやテロリストを含む敵のアイデンティティを持つことを許しています。『メダル オブ オナー』のマルチプレイヤーモードではプレイヤーが米国兵士とタリバンのアイデンティティを持っているのです」と反論しましたが、Fox国防相は先の発言を取り消さなかったとのこと。

英国の文化・メディア・スポーツ省はFox国防相の発言を個人的なものであるとしながらも「一部の人々がゲームの主題を見て不快になることは理解する」とコメント。

ただし、発売中止を支持するのではなく、British Board of Film Classification(BBFC:全英映像等級審査機構)の18歳以上のレーティングで販売されるべきであるとの見解を明らかにしています。

EAのFrank Gibeau氏は今年初めに現在進行形の問題をゲームで取り扱うことが「プロジェクトにおける大きなリスク」であり、「現役兵士からアドバイスを受けることで思慮深いアプローチを行っている」と語っています。

10月12日(日本語版は10月14日)の発売日まであとわずか。国防相まで巻き込んだ騒動はどういった形で決着がつくのでしょうか?
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

    【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

  6. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  7. 「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

  8. バンナムの巨大ロボVR『アーガイルシフト』豪華スタッフ陣が公開!原田勝弘、Production I.G、柳瀬敬之など

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

アクセスランキングをもっと見る