人生にゲームをプラスするメディア

不正コピー率95%のゲーム、売り上げ大幅増加 ― 「不正コピー恩赦」キャンペーンで

その他 全般

不正コピーの温床だったゲームにも改善の兆しが見られるようです。

チェコのインディー系デベロッパーAmanita Designは、PC用アドベンチャーゲーム『Machinarium』をリリースしましたが、その不正コピー率が95%だと発表しました。

100人ゲームを持っている人がいても95人がコピーで入手しているという異常事態ですが、同社は「不正コピー恩赦キャンペーン」を開催。ゲームとサウンドトラックを75%引きの5ドル(約430円)で販売していました。

Amanita Designは「不正コピー恩赦キャンペーン」を開催して一週間で17,000本のゲームが売れたと発表しています。単純計算で1日当たり約2,400本が売れた計算となります。この売れ行きに関してAmanita Designは「セールスの売れ行きはよく、キャンペーンの期間を少し延長することを決めたほど」とコメントしました。

同社のデザイナーであるJakub Dvorsky氏は「一方で、それ(不正コピー版の拡散)は我々によいPRともなりました。不正ダウンロードした多くの人々がゲームを好きになり、後からお金を払うことに決めたのです」とコメントしています。

今回の統計では不正コピーから正式にお金を払った人の率は不明ですが、
コピーの蔓延にもめげずに「不正コピー恩赦キャンペーン」を行ったことがプラスに働いたようです。

■「不正コピー恩赦キャンペーン」での国別注文率(Amanita Design調べ)
USA 39.4%
UK 11.5%
Germany 7.2%
Spain 5.5%
Canada 5.3%
Australia 4.2%
France 3.9%
Italy 2.9%
Sweden 2.1%
Norway 1.9%
Finland 1.7%
Brazil 1.4%
Netherlands 1.3%
Poland 0.9%
Czech Republic 0.8%
Denmark 0.7%
New Zealand 0.6%
Belgium 0.6%
Mexico 0.6%
Ireland 0.5%
Switzerland 0.5%
Japan 0.5%
Austria 0.4%
South Africa 0.4%
Greece 0.3%
Slovenia 0.3%
Israel 0.3%
Russia 0.3%
Argentina 0.3%
Singapore 0.3%
Portugal 0.3%
Turkey 0.2%
Chile 0.2%
Slovakia 0.2%
Romania 0.2%
India 0.2%
Thailand 0.1%
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』発売日決定、PS4版『FFIX』配信開始、スクエニが新作ロボゲー『LEFT ALIVE』発表…など(9/19)

  2. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

    【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 「EVO Japan2018」メイン競技7タイトルを発表、参加受付は12月31日まで

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【昨日のまとめ】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?、【京まふ2017】新情報満載の『FGO』ステージレポート、日清カップヌードル「謎肉」の正体を暴露!?…など(9/18)

  7. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 日清カップヌードルの「謎肉」、その正体を暴露!?「名探偵コナン」の“黒い犯人・犯沢さん”が秘密に迫る

  10. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

アクセスランキングをもっと見る