人生にゲームをプラスするメディア

NASAでもUnreal Engineが採用・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第3回

ゲームビジネス 開発

NASAでもUnreal Engineが採用・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第3回
  • NASAでもUnreal Engineが採用・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第3回
  • NASAでもUnreal Engineが採用・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第3回
  • NASAでもUnreal Engineが採用・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第3回
毎月「Unreal Engine」を中心にエピック・ゲームズの最新情報をお届けする「Unreal Japan News」。8月はNASAのゲームでの採用など気になるニュースを4本お送りします。

■GamecasterがEpic Gamesの「アンリアル・エンジン3 インテグレーテッド・パートナーズ・プログラム」に参加 ~ GCS3ヴァーチャルカメラハードウェアが、アンリアル・エンジン3のマチネーに実装 (2010年7月29日)



Gamecaster Inc.とEpic Games Inc.は、Gamecasterが開発したビデオゲーム・映画・テレビ用ヴァーチャル・カメラ・ハードウェア GCS3が、アンリアル・エンジン3(UE3)の全てのライセンシーと、UDKユーザーにとって利用可能となったことを発表しました(UDKはUE3の無料バージョンで、全てのユーザーに数多くの賞を受賞している統合型ゲーム開発環境 UE3へのアクセスを提供するものです)。これにより、GamecasterはEpicが実施しているアンリアル・エンジン3インテグレーテッド・パートナーズ・プログラム(IPP)の最新メンバーとなりました。

Gamecaster GC3により、ゲーム開発者はアンリアル・マチネー(UE3のムービー/カットシーン制作ツール)の中で、実写の撮影と同じアプローチでムービーシーンを制作することができます - パン、ティルト、トラック、ズームといった技法により、マチネー上のヴァーチャルカメラを本物のカメラ同様にリアルタイムでコントロール出来るのです。

更に、マチネーはGCS3の移動を自動的にキーフレーム処理してくれるので、制作プロセスに占める「カメラのキーフレーム処理」に費やす時間を大幅に削減することが可能です。

Epic GamesのDr. Michael Capps社長は、「GCS3のマチネーへのインテグレーションにより、ゲーム開発者や撮影技師がヴァーチャル映像制作を迅速かつ素晴らしいクオリティで行うことが可能になりました」と語ります。「GCS3があれば、開発者はアンリアル・エディター上でカットシーン内のカメラの動きを記録し、結果を直ちにプレイバックすることができます。とてもシンプルで、普通に手作業でキーフレーム処理をする場合に比べて、大幅に時間を節約できます。」

Gamecaster GCS3 ヴァーチャル・カメラ・ハードウェアは、スタイライズド・フォーム・ファクター、HD LCDビューファインダー、内部モーションセンサーと2本の専用寒スティックコントロールが実装されています。GCS3は三脚に設置することも、肩でマウントして携行することも可能なので、ゲーム開発者やデジタルフィルム制作者が実際のアクションの中に入り込むことが可能です。

「アンリアル・マチネー上でリアルタイムでヴァーチャル撮影を行い、活き活きとした本物のような映像を制作出来ることは、ゲーム開発者にとって大きなメリットです」と、GamecasterのDavid Macintosh社長は話します。「この強力な新機能を使って、UE3のライセンシーやUDKユーザーが息を飲むようなムービーやカットシーンを生み出すのが楽しみです」

Epic Gamesのムービーディレクター Greg Mitchellは、「GCS3は、従来のキーフレーミングに比べて、本物のハンドカメラを使った撮影の感覚をずっと容易でスピーディに実現してくれる。そのお陰で、クリエイティブな面でのコントロールが大幅に向上したね」と語ります。「ハードウェアデザインは、僕のようにカメラを使って仕事をしてきた人間にとって特にしっくり来るものになっている。GCS3を使うと、実写用のカメラを手にしているみたいに感じられるし、映像制作用に用意された様々なツールと一緒に使用できる」

Epic GamesのCapps社長は「我々のパートナープログラムは、ライセンシーの皆様が業界最先端のツールやミドルウェア用のインテグレーションコードに確実にアクセスできるようにするためのものです。アンリアル・エンジン3のライセンシーの皆様は、最高のツール類や3Dアプリケーションをお持ちであれば、そのまますぐにアンリアル・エンジンと組み合わせてお使いいただくことが可能なのです」と述べています。

Gamecasterに関するより詳細な情報は、http;//www.gamecaster.comをご参照ください。GCS3ヴァーチャル・カメラ・ハードウェアのご購入を希望される場合は、GCS3@gamecaster.comへeメールをお送りください。

アンリアル・エンジン3について
数多くの受賞歴に輝くアンリアル・エンジンは、最先端のグラフィックと、各分野で最良のツールセットを組み込んだ構成で知られています。アンリアル・エンジン3は、それらの要素に加えて、マルチコアプロセッサーのサポート、Xbox 360®及びPlaystation3®向けの最適化、全世界における手厚いサポート、熟成されたツールパイプラインといった特徴を備えています。絶えず進化を続けるアンリアル・エンジン3のツールセットは、PCやコンソール用ゲーム、ビジュアライゼーション・アプリケーション、トレーニング・シミュレーション、アニメ作品等における開発者の生産性を高めるためにデザインされています。より詳細な情報はhttp://www.unrealtechnology.comをご覧いただくか、 epicgamesjapan.comのcontactまで日本語でご連絡ください。

Epic Gamesについて
Epic Games Inc.は、1991年創業でノースカロライナ州ケーリーを拠点とし、最先端のビデオゲームやマルチプラットフォーム用ゲームエンジン技術を開発しています。これまでにPC/PlayStation®3/Xbox 360®用「アンリアル・トーナメント3」に代表される「アンリアル」シリーズ等のタイトルを世に送り出しています。「ギアーズ・オブ・ウォー」シリーズは1200万本以上のセールスを記録し、30以上の年間ゲーム大賞を獲得しています。Epic Gamesのアンリアル・エンジン3は、Game Developer誌のベスト・エンジン・フロントライン・アウォードを4度獲得し、殿堂入りを果たしています。アンリアル・エンジン3はDevelop誌が選ぶゲームエンジン第1位にも輝いています。より詳細な情報は、http://www.epicgames.comまたはhttp://www.epicgamesjapan.com/をご参照ください。

Gamecasterについて
Gamecaster Inc.はカリフォルニア州サンディエゴに本社を置き、デザイン業務や映画・テレビ・ビデオゲーム用のバーチャルカメラコントロール技術、ビデオゲームトーナメントのプロデュースやそれに関連したテレビ番組のワールドワイド・マルチメディア展開を手がけています。より詳細な情報は、http://www.gamecaster.comをご参照ください。

Epic, Epic Games, ギアーズ・オブ・ウォー、アンリアル、アンリアル・エンジン、アンリアル・トーナメントは、米国およびその他の地域におけるEpic Games Inc.の登録商標です。その他の全ての商標は、各商標所有者の知的財産物です。


■「ギアーズ・オブ・ウォー3」でのカーマインの運命は、ファンの手に委ねられることに (2010年7月21日)



カーマイン兄弟の新たなキャラの運命に投票しよう!Xbox LIVEマーケットプレイスでアバターグッズを購入し、投票権をゲット。収益は寄付されます。

カーマインの運命が君の手に!
ギアーズ・オブ・ウォーの歴史で初めて、Epic GamesとMicrosoftは登場するキャラクターの運命をファンに委ねることを決定しました。Xbox LIVEマーケットプレイスでアバターグッズを購入することで、世界中のファンが「ギアーズ・オブ・ウォー3」に登場するカーマイン兄弟の新たなキャラクターの運命を決めるための投票に参加できます。尚、このキャンペーンの収益は全てChild’s Play Charityへと寄付されます。

シリーズの伝統にのっとり、ギアーズ・オブ・ウォー三部作の最終作に新兵として登場するクレイトン・カーマインも、アンソニーやベンと同様、早過ぎる死の危険に直面することになります。過去の二作品と異なるのは、カーマインが生き残るか死亡するかは、Xbox LIVEマーケットプレイスで「ギアーズ・オブ・ウォー3」スペシャルアバターを購入したファンが選択できるという点です。7月29日から、Xbox LIVEのアバター・マーケットプレイスで2つのTシャツが新たに登場します。一つめには「Save Carmine(カーマインを生き残らせよう)」というメッセージが、もう一方には「Carmine Must Die(カーマインは死なねばならぬ)」というメッセージが描かれています。「Save Carmine」Tシャツを購入することで、「ギアーズ・オブ・ウォー3」でカーマインを生き残らせたいという意見に投票したことになります。反対に、「Carmine Must Die」Tシャツを購入すれば、クレイトンにも二人の兄弟と同じ運命を辿らせたい、という意見に投票したことになります。

サンディエゴで7月22日から開催されていたComic Conでは、一足早く実際の「Save Carmine」Tシャツと「Carmine Must Die」Tシャツが販売されていました。他にもXbox 360ブースで「ギアーズ・オブ・ウォー3」のビーストモードが試遊できたり、デザイン・ディレクターのCliff Bleszinskiやエグゼクティブ・プロデューサーのRod Fergusson、リード・ライターのKaren Travissによるサイン会も開催されました。

Child’s Playは世界中の子供達の生活向上を目的とするゲーム業界内の慈善団体です。60以上の病院ネットワークや寄贈者の善意を通じ、Child’s Playは毎年何億円もの募金を集め、病気の子供達にゲームソフト、ゲームコンソール、おもちゃ等を贈っています。「Save Carmine」Tシャツと「Carmine Must Die」Tシャツ(アバター、実物のいずれも)からの全ての収益はChild’s Playに寄付されます。カーマインの運命に投票し、慈善運動へ寄付を行なって、「ギアーズ・オブ・ウォー」スペシャルグッズを手に入れましょう!http://www.gearsofwar.comで、カーマインの運命に関する最新情報がチェックできます。

「ギアーズ・オブ・ウォー」シリーズ(販売:Microsoft Game Studios、開発:Epic Games)は、これまでに30以上の年間ゲーム大賞を受賞し、世界中で1200万本以上のセールスを記録した、現世代のゲームコンソールにおけるサードパーソンシューターの超人気タイトルです。「ギアーズ・オブ・ウォー」シリーズはXbox 360専用で、その魅力的なマルチプレイヤーモードはXbox LIVEにおける最高の人気タイトルの一つです。三部作の掉尾を飾る「ギアーズ・オブ・ウォー3」は、2011年4月7日(北米では4月5日)、Xbox 360専用タイトルとして発売されます。

Epic, Epic Games, ギアーズ・オブ・ウォー、ギアーズ・オブ・ウォー3、マーカス・フェニックス、アンリアル、アンリアル・エンジンは、米国およびその他の地域におけるEpic Games Inc.の登録商標です。

■アンリアル・エンジン3が3度目のDevelop Industry Excellence Awardを受賞 (2010年7月15日)



Epic Gamesのアンリアル・エンジン3が、Develop Industry Excellence Awardのベストエンジン賞を受賞

アンリアル・エンジン3が3年連続でDevelop Industry Excellence Awardを獲得したことについて、Epic Gamesは大きな名誉を感じています。ヴァイス・プレジデントのMark Reinは、7月14日夜にイギリス・ブライトンで開かれた授賞式において、Epicを代表してこの名誉ある賞を受け取りました。

Mark ReinはMCV誌の取材に対し、このようにコメントしています。「お陰さまでアンリアル・エンジン3が3年連続でDevelop Industry Excellence Awardを受賞することができました。この栄誉がEpicや業界全体に対して意味するものを考えると、これほど嬉しいことはありません。ゲーム開発者はこれまでに、我々の技術がPCやコンソールゲーム向けに何が出来るか見てきました。そして今、我々は新しい世代の携帯ゲームへの扉を開く準備が出来ています。

アンリアル・エンジン3はこれまでの携帯プラットフォーム向けエンジンとは全く異なるものです。アンリアル・エンジン3により、グラフィックの水準が大きく引き上げられ、「明日の携帯ゲーム」のスタンダードが定義されることになります。この先、現在から来年、そして更に将来にかけて、我々がご提供するものに期待していてください。アンリアル・エンジン3に実装されてゆく新しい仕様と、世界中の28万5千人のUDKユーザー・・・我々はまだスタートしたばかりなのです!」

2008年、アンリアル・エンジン3はDevelop Awardのベストツール賞(ベストエンジン賞創設前の名称)を受賞しました。過去2年間、アンリアル・エンジン3はこのポジションをキープしていました。

© 2010, Epic Games, Inc. Epic, Epic Games, アンリアル・ディベロップメント・キット、アンリアル・エンジンは、米国およびその他の地域におけるEpic Games Inc.の登録商標です。その他の全ての商標は、各商標所有者の知的財産物です。

■アンリアル・エンジン3、NASA制作の「ムーンベース・アルファ」に採用 (2010年7月7日)

NASA制作の新オンラインゲーム「ムーンベース・アルファ」(開発:Virtual Heroes、アンリアル・エンジン3使用)がValve社のSteamネットワークにて無料配布中。

「ムーンベース・アルファ」は、NASAが開発中のUE3を採用したMMO、「アストロノート:ムーン、マーズ・アンド・ビヨンド」の先駆けとなるタイトル。「ムーンベース・アルファ」では、プレイヤーは宇宙飛行士となり、ヴァーチャル宇宙空間に配置された月やその他の外宇宙を探検することになります。

以下、プレスリリースからの抜粋:
このゲームにはシングルモードとマルチプレイヤーモードがあり、プレイヤーは3Dで構築された未来の月面基地で探検チームのメンバーとして参加することになります。プレイヤーは、隕石の衝突により太陽電池と生命維持機構が破壊された後の環境下で、生存に必要なシステムと酸素供給を復旧させなければなりません。利用可能なリソースは、インタラクティブ・コマンド・センター、月面車、携帯型ロボット修理装置等です。

このゲームはNASAのコンテンツが最先端のゲームエンジンと融合することで、NASA技術やNASAでの仕事、宇宙開発等に関して学生の関心を高め、教育の機会を生み出せることを示すためのテストケースです。「ムーンベース・アルファ」のレーティングはE(年齢制限無し)です。

このゲームはNASAによるラーニング・テクノロジー・プロジェクトの第一作です。ラーニング・テクノロジー・プロジェクトは、ヴァーチャル・ワールド、ゲーム、ソフトウェア・アプリケーション等のインタラクティブな技術を通じてNASAのコンテンツを提供するためのプログラムで、STEM(科学・技術・エンジニアリング・数学)教育の振興を目指しています。

Epic, Epic Games, ギアーズ・オブ・ウォー、アンリアル、アンリアル・エンジン、アンリアル・トーナメントは、米国およびその他の地域におけるEpic Games Inc.の登録商標です。その他の全ての商標は、各商標所有者の知的財産物です。

著者紹介
河崎高之 エピック・ゲームズ・ジャパン代表
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  3. 【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

    【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

  4. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  5. EAが『シンプソンズ』の新作をWiiやDSなどで発表

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. 【ほらてくっ!】まだ間に合う!株式会社“闇”社員が語る、極上のお化け屋敷紹介

  8. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  9. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  10. 【CEDEC 2010】作りたいゲームを作るための作戦~サイバーコネクトツー松山氏

アクセスランキングをもっと見る