人生にゲームをプラスするメディア

「リアルワールド」がOpenSocialを採用、プラットフォームを外部に開放へ・・・『ブラウザ三国志』なども登場

リアルワールドは、同社が運営するPCのポイントメディア「リアルワールドサービス」を、OpenSocialに準拠したプラットフォームとして外部のデベロッパーに開放しました。第一弾の事業者として、AQインタラクティブ(『ブラウザ三国志』)など4社が参加しています。

ゲームビジネス 開発
「リアルワールド」がOpenSocialを採用、プラットフォームを外部に開放へ・・・『ブラウザ三国志』なども登場
  • 「リアルワールド」がOpenSocialを採用、プラットフォームを外部に開放へ・・・『ブラウザ三国志』なども登場
  • 「リアルワールド」がOpenSocialを採用、プラットフォームを外部に開放へ・・・『ブラウザ三国志』なども登場
リアルワールドは、同社が運営するPCのポイントメディア「リアルワールドサービス」を、OpenSocialに準拠したプラットフォームとして外部のデベロッパーに開放しました。第一弾の事業者として、AQインタラクティブ(『ブラウザ三国志』)など4社が参加しています。

「リアルワールドサービス」はSNSに個人のマネタイズ手段を提供する形で拡張したソーシャルネットワークマネーサービス(SNMS)。参加者はブログで紹介した商品やサービスからアフィリエイト収入を得たり、アンケートに答えたり会員登録をすることでポイントや現金を得たりすることができます。会員数は250万人、うち訪問者数は月間100万人を数えます。

オープン化では、OpenSocialに準拠したAPIだけでなく、課金やリワード広告APIなどをデベロッパーに提供します。参加デベロッパーは、リアルワールドによる送客で早期にユーザーを獲得できるほか、TwitterやFacebookなどとの連携機能でバイラル効果を高めた形でゲームやアプリを提供できます。収益配分はデベロッパー8:リアルワールド2で、クレジットカードの決済手数料もリアルワールドが負担するという好条件です。6月までに参加するデベロッパーに対しては支援として資金提供も行うとしています。

当初はmixiで大ヒットしているAQインタラクティブの『ブラウザ三国志』、中国で2000万人のユーザーを抱えるKingnet Technologyの『ハッピータワー』、バンク・オブ・イノベーションの『作ってみる?リゾート島』、DropWaveの『わんこのお部屋』、そして自社アプリとして『電車を作ろう 電ツク』の5タイトルが用意されています。

同社では8月までに30アプリを提供、ソーシャルメディアとして拡大することで1年以内に会員数1000万人を目指したいとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. できたて料理を即時にデータ化してゲーム内で飯テロ!? 『FFXV』の料理モデルはこうして作られた【CEDEC 2018】

    できたて料理を即時にデータ化してゲーム内で飯テロ!? 『FFXV』の料理モデルはこうして作られた【CEDEC 2018】

  2. マイケル・ジャクソン氏の伝説のゲームコレクションが競売に−R360、ギャラクシーフォースなど

    マイケル・ジャクソン氏の伝説のゲームコレクションが競売に−R360、ギャラクシーフォースなど

  3. 携帯ゲーム機ユーザー、DSは20代前半・PSPは10代後半に ― メディアクリエイト調べ

    携帯ゲーム機ユーザー、DSは20代前半・PSPは10代後半に ― メディアクリエイト調べ

  4. 2019年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  6. 忍ismがプロゲーミングチームを設立―『ストリートファイター』『スプラトゥーン2』で3月から始動

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  9. アイディアファクトリーがアメリカに新会社「Idea Factory International, Inc.」新設、リリース情報の海外発信拠点として活用

  10. 【CEDEC 2011】エイベックのプロデューサーが考えるコンテンツを拡散させるコラボレーション

アクセスランキングをもっと見る

1