人生にゲームをプラスするメディア

『ブレイズ・ユニオン』に前作の舞台「ファンタジニア王国」や前作のヒロイン・ユグドラが登場

スティングが制作、アトラスより発売中のプレイステーション・ポータブルソフト『ブレイズ・ユニオン』に前作のヒロイン「ユグドラ」や「ファンタジニア王国」が登場することを明らかになりました。

ソニー PSP
ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
  • ブレイズ・ユニオン
スティングが制作、アトラスより発売中のプレイステーション・ポータブルソフト『ブレイズ・ユニオン』に前作のヒロイン「ユグドラ」や「ファンタジニア王国」が登場することを明らかになりました。



物語が分岐するマルチシナリオを採用している『ブレイズ・ユニオン』では、「ブロンキア帝国」のほか、その隣りにある「ファンタジニア王国」が舞台となるシナリオも用意されています。





ファンタジニア王国といえば、前作『ユグドラ・ユニオン』の舞台。前作に縁のあるキャラクターたちが登場します。「ユグドラ」は、前作の3年前にあたる本作では、周囲からの寵愛を受けて育った王女として登場。男子のいない王家における、現在の王位継承最有力候補です。





他にも、ユグドラの父親、つまりファンタジニア王国の国王である「オルディーン」、本作では国境を警備する王国軍の将校である「ラッセル」、王国の宰相で、王都の防衛を任されている「アランゼーム」などの登場が明らかになっています。



また、公式サイトでは先日行われた発売記念イベントのレポートのほか、開発スタッフが答える攻略Q&Aなど、そしてYouTube公式チャンネルでは今回ご紹介したキャラクターたちが登場する動画が公開されています。ぜひこちらもチェックしてください。

『ブレイズ・ユニオン』は好評発売中で、価格はUMD版が6,279円(税込)、ダウンロード版が4,980円(税込)です。

(C)ATLUS CO.,LTD. 2010
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  3. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  6. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  7. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  8. 『FF14』コラボ、『戦友』スタンドアローン版など―『FF15』2周年記念施策が多数公開

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

アクセスランキングをもっと見る