人生にゲームをプラスするメディア

Googleのパックマン、多大な損失をもたらす-481万時間のプレイで失われた金額は?

Googleパックマンを遊ぶことで、どれだけのものが失われたのでしょうか?

ゲームビジネス その他
Googleのパックマン、多大な損失をもたらす-481万時間のプレイで失われた金額は?
  • Googleのパックマン、多大な損失をもたらす-481万時間のプレイで失われた金額は?
Googleパックマンを遊ぶことで、どれだけのものが失われたのでしょうか?

『パックマン』30周年を記念し、Googleは自社ロゴを実際に遊べる『パックマン』にしました。期間限定の予定が好評につき公開継続となったGoogle『パックマン』ですが、人々がこれを遊ぶことでどれだけのものが無駄になったか・・・という恐ろしい調査が行われました。

Google『パックマン』が公開された5月21日に同サイトを訪れたユニークビジターは5億470万3000人で、ゲームがプレイされた時間はなんと481万9352時間。1年が8760時間ですから、550年もの時間がGoogle『パックマン』に費やされたことになります。

では、ゲームを遊ばずに働いていたらいくら稼げていたのでしょう?1時間当たりの給料が諸経費含めて25ドル(約2300円)と換算すると、1億2048万3800ドル(約108億円)ものお金が生み出されていた計算となります。

これだけのお金があればGoogleの従業員1万9835人を6週間雇うことが可能です。調査元のRescueTimeは「これだけのマンパワーがあれば何ができたか想像して下さい」とコメントしています。

「ゲームは日常生活を支えるものではなく、時間を消費させる悪である。だから人間がちゃんと日常行為を繰り返せるようなゲームを作ってみせてください」と語るのは「機動戦士ガンダム」の父である富野由悠季氏。550年が一本のゲームに費やされ108億円分の労働力が空費された・・・とこれだけ具体的なデータが出てしまうと、ゲームの影響の大きさが分かるのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

    ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  2. 『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

    『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

  3. 「洛星」の魅力語る 各界活躍の卒業生講演 任天堂常務・松本匡治氏(京都新聞)

    「洛星」の魅力語る 各界活躍の卒業生講演 任天堂常務・松本匡治氏(京都新聞)

  4. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 2019年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  10. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

アクセスランキングをもっと見る

1