人生にゲームをプラスするメディア

神話を舞台にした新作3Dアクションゲーム『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』2010年発売に

イグニッション・エンターテイメント・リミテッドは、PS3/Xbox360ソフト『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』を2010年に発売することを発表しました。

ソニー PS3
El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
  • El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
イグニッション・エンターテイメント・リミテッドは、PS3/Xbox360ソフト『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』を2010年に発売することを発表しました。



旧約聖書の偽典とされている「エノク書」をモチーフにした本作『El Shaddai』は、天界、地上界、冥界といった神話の世界が舞台。神に選ばれた青年である主人公「イーノック」を操作し、堕天使を一掃する作戦「洪水計画」を止めるため、調停者として地上界に降り立つこととなります。



本作で最初に気づくのは、その特徴的なビジュアル。幻想的かつ神話の雰囲気を感じさせるオブジェクトと背景は、まるで一枚の抽象画のようです。一見ゴチャゴチャとした色使いですが、素晴らしい色彩センスで全体の雰囲気を上手くまとめています。



肝心のゲームでは、足場から足場へ飛び移る3Dアクション要素と、敵を打ち倒すバトルシステムがミックスされているようです。操作性はシンプルながら奥が深くなるように追求されているらしく、ライトユーザーからヘビーユーザーまでが楽しめるゲームとのこと。

イグニッション・エンターテイメント・リミテッドは、イギリスに本拠地を持つ比較的新しい会社。Wiiの『たまらん』やPSPの『Mercury』といった、斬新なセンスが目立つアクションパズルゲームで有名です。

また、ディレクターの竹安佐和記氏は『鉄騎』『大神』『デビル メイ クライ』に、そしてプロデューサーの木村 雅人氏は『デビル メイ クライ』『バイオハザード』『ビューティフルジョー』『大神』『ゴッドハンド』といった有名作品に携わっており、開発には実力派の人材が集められているよう。期待の新作となりそうですね。

『El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON』は2010年内に発売予定で、価格は未定となっています。

(C)2010 Ignition Entertainment Ltd. All Rights Reserved.
《石元修司》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

    PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

  3. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月24日】─広範囲に向けた抽選販売が次々に展開中

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月24日】─広範囲に向けた抽選販売が次々に展開中

  4. 『ドリームクラブGogo.』ちょっとイタイ新ホストガール「ノコ」のカラオケステージをチェック

  5. PS5発売から1週間―初期デビュー組による「プレイした感想」を紹介! 最も凄かった新機能、逆に“こうだったら良かった点”とは?【アンケート】

  6. スマッシュヒットの和風稲作ARPG『天穂のサクナヒメ』世界累計出荷50万本突破!

  7. 『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

  8. 『FF VIII』で好きなキャラクターは?一番は「だったら壁にでも話してろよ」のあの人【アンケート】

  9. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  10. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

アクセスランキングをもっと見る