人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーWi-Fiコネクションが有料に?『マリオ』の父が可能性を示唆

ゲームビジネス 市場

WiiやDSのWi-Fiが有料に?その可能性を示したのは『マリオ』の父でした。

任天堂の宮本茂氏は海外ゲームサイトEDGE-ONILEに対し、ニンテンドーWi-Fiコネクションの料金形態をどうすべきか苦慮していると語ります。

「僕たちが理解したくてたまらないのはコアなオンラインのビジネス構造です。有料だったとして、消費者のみなさんがオンラインで楽しめるのか。無料と有料のコースを用意して、お支払い頂いた方に何か付加価値を用意するのか。こうしたビジネス戦略において、僕たちはもう少し活発になるべきだと思います」

現在ニンテンドーWi-Fiコネクションは「カンタン・あんしん・無料」をキャッチフレーズに利用料無料でのサービスが行われています。

また、米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)のReggie Fils-Aime社長兼COOは「Miiの服や帽子を売ることが価値のある取り組みだとは思いません。私たちは真の体験を届ける事が最も重要で、それはコンテンツが牽引するものだと思っています」ともコメントしています。

ファミリー層が楽しむ任天堂ゲームだからこそ、無料であるということは重要。ただ、有料化することで様々なサービスの可能性があるのも確かで、任天堂としては判断に迷うところなのは確かです。

もしも有料の選択肢が導入されるにしても、いたずらに物欲や射倖心、優越感を煽ることのないようなシステムを期待したいところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  3. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  7. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  9. 【TGS2016】脱出ゲームとVRは相性抜群だった!注目作『ラストラビリンス』と『エニグマスフィア』を紹介

  10. 任天堂、マジコン販売を繰り返すサイトに訴訟 ― Wiiウェアでも不正コピー増殖の兆し

アクセスランキングをもっと見る