人生にゲームをプラスするメディア

人工知能にマリオを遊ばせるコンテスト ― AIの華麗なテクを公開

その他 全般

華麗に難関を越えるマリオ・・・実はこれAIがプレイしているのです。

人間が出るゲーム大会はいくつもありましたが、「Mario AI Championship 2010」はマリオを操るAIを作成し、その腕前を競い合います。

これは前年度の「Mario AI Competition」優勝AIの動画です。自動生成されるコースを見事に駆け抜けていくAIが記録されています。



こちらはマウスカーソルを優勝AIが追尾する動画。マウスでおおまかなプレイの方針を示せるというわけで、興味深いものとなっています。



どんどん難しくなるステージに挑戦させ、コインを取った数や敵を倒した数、タイムなどを競う「GamePlay」、AIの学習能力がテーマとなる「Learning」、ステージの自動生成機能の出来映えを比べる「Level generation」の3部門が用意されています。

既に4月8日にイスタンブールで「EvoStar Competition」が行われているほか、6月20日にはバルセロナで「WCCI Competition」、8月20日にコペンハーゲンで「CIG Competition」が開催される予定。「EvoStar Competition」では前年度の優勝者であるRobin Baumgarten氏がトップを獲っており、残る2大会が注目されます。

ステージの自動生成にAIプレイとなると人間の手が不要のように思えますが、様々な制作テクニックが存在するのが面白いところ。

Baumgarten氏のサイトでは前年度のAIのソースコードも公開されていますので、機になる人はチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』×『Devil May Cry』コラボは4/27から、ゼロから始める『マギレコ』生活、『ドラクエVR』新映像公開…など(4/20)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』×『Devil May Cry』コラボは4/27から、ゼロから始める『マギレコ』生活、『ドラクエVR』新映像公開…など(4/20)

  2. ガンダムシリーズ最新作「NT」発表! 福井晴敏による脚本で「UC」のその先を描く

    ガンダムシリーズ最新作「NT」発表! 福井晴敏による脚本で「UC」のその先を描く

  3. 「デレマス」ビジネスシーンでも“シンデレラ”―Pさんの日常に寄り添う4つのアパレルグッズ

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 『ドラクエVR』4月27日稼働開始!アクティビティの予約は本日4月20日からスタート

  7. 【オトナの乙女ゲーム道】第1回 乙女ゲームの歴史を振り返る ― ネオロマからオトメイト、ハードの変化まで

  8. 「ミニファミコン」楽天ビックで4月17日より再販開始!

アクセスランキングをもっと見る

1