人生にゲームをプラスするメディア

人工知能にマリオを遊ばせるコンテスト ― AIの華麗なテクを公開

華麗に難関を越えるマリオ・・・実はこれAIがプレイしているのです。

その他 全般
華麗に難関を越えるマリオ・・・実はこれAIがプレイしているのです。

人間が出るゲーム大会はいくつもありましたが、「Mario AI Championship 2010」はマリオを操るAIを作成し、その腕前を競い合います。

これは前年度の「Mario AI Competition」優勝AIの動画です。自動生成されるコースを見事に駆け抜けていくAIが記録されています。



こちらはマウスカーソルを優勝AIが追尾する動画。マウスでおおまかなプレイの方針を示せるというわけで、興味深いものとなっています。



どんどん難しくなるステージに挑戦させ、コインを取った数や敵を倒した数、タイムなどを競う「GamePlay」、AIの学習能力がテーマとなる「Learning」、ステージの自動生成機能の出来映えを比べる「Level generation」の3部門が用意されています。

既に4月8日にイスタンブールで「EvoStar Competition」が行われているほか、6月20日にはバルセロナで「WCCI Competition」、8月20日にコペンハーゲンで「CIG Competition」が開催される予定。「EvoStar Competition」では前年度の優勝者であるRobin Baumgarten氏がトップを獲っており、残る2大会が注目されます。

ステージの自動生成にAIプレイとなると人間の手が不要のように思えますが、様々な制作テクニックが存在するのが面白いところ。

Baumgarten氏のサイトでは前年度のAIのソースコードも公開されていますので、機になる人はチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

    12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  2. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

    ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  3. 「今、高知が熱い!」地方×ゲームコラボの成果からゲーム業界高知移住者ぶっちゃけトークをレポート

    「今、高知が熱い!」地方×ゲームコラボの成果からゲーム業界高知移住者ぶっちゃけトークをレポート

  4. 『アレスタ』新作、そして『エスプレイド』移植決定! エムツー、『M2 Shot Triggers』新作をアキバで発表

  5. アケフェス最新作『スクフェスAC Next Stage』正式稼働日が12月6日に決定!オリジナル衣装「スクールユニティ」の新キービジュアルも公開

  6. 中国人気コスプレイヤー・星野saoriは魅了じゃ不満足!見る人を驚かせたいエンターテナーだ【インタビュー】

  7. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  8. 【週刊インサイド】『スマブラSP』読者が選んだ一番人気のファイターは?─『FGO』の人気★4サーヴァントや『ポケモンGO』特集記事も話題に

  9. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る