人生にゲームをプラスするメディア

鍵をテーマにした新作ファンタジーMMORPG『81Keys』プレスカンファレンス

4月から社名を変更して新たなスタートを切ったWeMade Online(旧社名: YNK Japan)は、今後の取り組みや、4月末からCBTを開始する新作ファンタジーRPG『81Keys』を紹介するプレスカンファレンスを開催しました。

PCゲーム オンラインゲーム
81Keys
  • 81Keys
  • 鍵をテーマにした新作ファンタジーMMORPG『81Keys』プレスカンファレンス
  • 81Keys
  • 鍵をテーマにした新作ファンタジーMMORPG『81Keys』プレスカンファレンス
  • 81Keys
  • 鍵をテーマにした新作ファンタジーMMORPG『81Keys』プレスカンファレンス
  • 81Keys
  • 81Keys
4月から社名を変更して新たなスタートを切ったWeMade Online(旧社名: YNK Japan)は、今後の取り組みや、4月末からCBTを開始する新作ファンタジーRPG『81Keys』を紹介するプレスカンファレンスを開催しました。

まずは崔鍾玖社長からWeMade Onlineと社名を変更した経緯について話がありました。

「これまで様々なベンチャーキャピタルさんやゲームメーカーさんとの資本提携を進めてきました。そのような中で、韓国のWeMade Entertainmentが昨年12月に上場しました。彼らは以前からグローバルな展開を模索していて、2年ほど前からその第一拠点として日本で事業展開をしたいと一緒に話をしていました。そうした中で信頼関係が構築でき、株主兼ゲーム開発元として良いパートナーという判断をし、出資をいただき、我々の社名も変更することになりました」(崔鍾玖社長)

WeMadeは既に国内で知られている『蒼天』(アラリオ)『TARTAROS-タルタロス-』(シーアンドシーメディア)に加えて多数のタイトルを開発していて、これらのタイトルにも可能性を感じたということでした。今後の作品にも期待ですね。

■81Keys

さて期待の新作である『81Keys』です。崔鍾玖社長によれば「新作候補として年間30タイトル前後を社内テストしていますが、『81Keys』ほど社内の期待が高く、"日本でも受け入れられる"と明確に言えたタイトルはなかった」とのこと。また、開発元の台湾WAYI社とも早期に話がついたそうです。

続いてはプロダクトマネージャーを務める大西信嗣氏が登壇、ゲームの概要について教えてくれました。

『81Keys』はWAYI社が2006年に開発したファンタジーMMORPGで、その特徴は「何でも出来ちゃうボリューム」です。パーティ、ギルド、レイド、戦場(PvP)、オークシヨン、メール、称号など多くのMMORPGで実装されているシステムが網羅されています。その上に本作の特徴となるのがタイトルにも採用されている「鍵」を使用したシステムです。

最もユーザーにとって触れる機会が多いのが「守護の鍵」システムです。守護の鍵は、一定の任務を完了することで手に入る「元素の鍵」と「能力の鍵」を合成することで作成でき、様々な恩恵を得る事が出来ます。また、「DNAの鍵」システムでは、一定の任務を完了することで一人一人のユーザーが所持している鍵が解放されます。解放されると自分の星盤と本命核と子核の位置を確認できるようになり、それらを操作することで様々な恩恵を受けられるようになります。

「魔物の鍵」システムは、魔物から入手できる鍵を使用することで魔物の情報を「図鑑」に収集できるというものです。図鑑は一定の任務を完了することで手に入ります。やりこみ要素として楽しめそうです。

そのほか、楽しめる要素としてはプレイヤーの個性を発揮するアバターがあります。『81Keys』では様々な装飾品やコスチュームが用意されています。装飾品は頭、目・鼻、口の3か所があり、組み合わせで自由に遊べます。コスチュームには見た目を変える効果意外にも、移動速度を上げるなど特殊な機能が含まれるものもあるようです。他にも自分をアピールする要素はあるということで、その一つである騎馬アイテムでは、手に入れることでモンスターや乗り物に乗ることができます。

日本版のメインビジュアルは羽衣リカさんが担当

本作では音楽も重視していて、矢住夏菜さんの「バタフライエフェクト/運命の分かれ道」がイメージソングとして収録されるとのこと。積極的にクロスプロモーションも予定されていて、ゲームのユーザーを矢住夏菜さんのライブに招待したり、メディアの露出で双方をアピールしたりといった仕掛けが予定されているようです。楽曲はOBTバージョンから歌なしでゲームに挿入され、正式サービスでは歌ありのバージョンになるということです。初めての試みということもあって、ユーザーの反応を確かめながらということですが、今後は矢住夏菜さんの第二弾の曲や別のアーティストの曲を追加するといった事も構想にあるようです。

今後の展開としては4月30日~5月5日でCBTを実施、5月12日~19日にOBTを実施、5月19日から正式サービスが予定されています。第一回の大型アップデートも既に6月30日に新規MAP公開が予定されていて、7月下旬、8月上旬にも小規模なアップデートがあり、10月上旬には第二回の大型アップデート(新規MAP公開)が予定されているとのこと。公認ネットカフェでも遊べるようになるとのこと。

現在インサイドではCBTへの参加者を限定81人で募集しています。詳しくは以下のリンクから。ぜひチェックしてみてください。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steamサマーセールは日本時間6月25日午前2時より開催―開発者向けサイトの情報で確定

    Steamサマーセールは日本時間6月25日午前2時より開催―開発者向けサイトの情報で確定

  2. 他人のプロフィール画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

    他人のプロフィール画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

  3. “ロリダークソウル”こと『リトルウィッチノベタ』実装審査に敗れた「水着スキン」を公開―魔女っ子が着るのはアウトです

  4. 『VALORANT』新エージェント「KAY/O(ケイ・オー)」…先行プレイしてわかったその強さを解説!【ファーストインプレッション】

  5. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  6. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  7. プロチーム「SCARZ」が主催する『Apex Legends』の大会「SCARZ CUP powered by LEGION」の開催が6月20日に決定!

  8. 『VALORANT』インフルエンサーの祭典で初代王者に輝いたのは…?激戦が繰り広げられた「CRカップ」結果まとめ

  9. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

アクセスランキングをもっと見る