人生にゲームをプラスするメディア

『GTA:エピソード・フロム・リバティーシティ』、「BOGT」ゲイ・トニーとはいかなる人物か?徹底紹介

Take-Two Interactive Japanは、PS3/Xbox360ソフト『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
  • グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ
Take-Two Interactive Japanは、PS3/Xbox360ソフト『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』の最新情報を公開しました。



本日は『グランド・セフト・オート:バラッド・オブ・ゲイ・トニー』(BOGT)のキャラクター、ミッション等に関する情報があきらかとなりました。



『BOGT』では、プレイヤーはドミニカ系アメリカ人の若者“ルイス・ロペス”となります。ルイスは少年鑑別所にいた経験もありますが、現在は、リバティーシティのもっとも華々しいナイトクラブ経営者である“ト二ー・プリンス”(ニックネーム:ゲイ・トニー)の親友となっています。



同時にボディガードであり、そしてビジネスパートナー。ゲイ・トニーは、10年にわたりリバティーシティのクラブ帝国を築き上げ、その頂点に君臨する人物です。彼はMaisonette 9(メゾネット9)というクラブと、リバティーシティで一番クールなゲイ・クラブであるHercules(ヘラクレス)という2つのクラブを所有しています。

ト二ーは、時間によってその居場所を変えます。夜はたいてい自分のクラブで客の面倒を見ており、昼は前日のパーティから回復するためにリトル・イタリーのアパートにいることが多いようです。これにあわせてミッションの時間帯も変化します。

半端ない大金を動かす男、ト二ー。しかし、そんなビッグ・マネーにはビッグ・トラブルが付き物。大金を使いはたしてしまったト二ーの元には、いま「債権者」たちが押し寄せて来ています。

ト二ーにとっては、ルイスが唯一の信頼できる部下であり親友。しかし職業柄でもあるのか、ルイスとは対照的に、悪友を集めてしまう癖があります。そして問題が起きるとすぐにブツに救いの手を求めてしまうという困り者。ルイスは、そいつらを寄せ付けないように努めると同時に、デリケートなト二ーが神経衰弱にならないよう気を配らないといけないのです。



たとえばミッション「Blog This!」は、クラブの悪口を書き込んでいるブロガー「Celebinator(セレビネーター)」を懲らしめるという内容。偽のミーティングをセッティングし、彼とコンタクト。ト二ーとルイスは、天気の良いある日、セレビネーターを誘ってリバティーシティのヘリ・ツアーに出かけます。ヘリが上空に着いた瞬間、もちろん彼らは本性を剥き出しに。セレビネーターをヘリから落とす振りをして、二度とクラブの悪口をブログに書かないよう脅します。



しかし、言うことを聞かない彼をついにヘリから投げ出してしまうことに。彼らの目的はブロガーを葬ることではなく、ただ脅しを効かせたいだけ。ルイスはパラシュートを掴み、後を追うことに・・・。セレビネーターが地面に激突するまでに、果たして無事に彼をキャッチすることができるでしょうか?

『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』(CERO区分「Z」)は2010年6月10日発売の予定。価格は6,090円(税込)の予定です。

(C) 2010 Rockstar Games, Inc.
《冨岡晶》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  3. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

    PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  4. 【ビジネス解説】なぜゲオはPS4買取をPS5購入条件にしたのか…

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

  6. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  9. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

  10. 『バイオハザード』の「クリス」って顔が変わりすぎ!?今と昔では“完全に別人”レベルだった【『バイオハザード』25周年特集】

アクセスランキングをもっと見る