人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、Project Natalの前身を不採用に?-「Project Natalそのものだ」

任天堂 Wii

海外ゲームサイトCVGが報じるところによりますと、任天堂はProject Natalの前身ともいえるモーションコントロールを不採用としていたとのことです。

Wiiの周辺機器として3Dカメラによるモーションコントロールを提案したのはイスラエルの3DV Systems。同社はマイクロソフトに買収されProject Natalの開発を行っていることで知られています。

3DV Systemsは2007年末、任天堂に対し「3Dでモーションを検知するカメラと音声認識」をプレゼンテーションしたものの、価格的な問題から不採用となったとのこと。

情報ソースの人物は「このプロトタイプの話を聞いて、正直いって驚いた。Project Natalそのものだ。E3で発表されたバージョンは小さくなり精度も上がっていたようだが、基本的には同じ技術だ」とコメントしています。

CVGは、2009年7月のインタビューで宮本茂氏が「この種のモーションセンシングカメラの技術はずっと前からありました。僕たちは長年に渡って色々なテクノロジーに何ができるかを見てきたんですが、最終的には使わないことに決めたんです」と発言していることに注目。3DV Systemsが提案したのがProject Natalに近いものであるのではないかとしています。

なお、英国任天堂とマイクロソフトはこの件に関してコメントしていないとのことです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  2. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  3. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

    【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  8. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  9. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  10. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

アクセスランキングをもっと見る