人生にゲームをプラスするメディア

グリーンピース、またも任天堂を最下位評価

グリーンピースは任天堂の環境への取り組みをどのように評価するのでしょうか。

任天堂 その他
グリーンピース、またも任天堂を最下位評価
  • グリーンピース、またも任天堂を最下位評価
グリーンピースは任天堂の環境への取り組みをどのように評価するのでしょうか。

グリーンピースは恒例のレポート「Guide to Greener Electronics」(環境に優しい電機メーカー・ランキング)の最新14版を発表しました。

エレクトロニクス系のメーカー各社が環境に対してどれだけ配慮しているかを四半期ごとに評価するもので、任天堂は再び最下位の評価となってしまいました。

評価対象となったのは18社で、順位は以下の通り。

■Guide to Greener Electronics(第14版:点数は10点満点)
・ノキア:7.3
・ソニー・エリクソン:6.9
・東芝:5.3
・フィリップス:5.3
・アップル:5.1
・LG:5.1
・ソニー:5.1
・モトローラ:5.1
・サムスン:5.1
・パナソニック:4.9
・HP:4.7
・エイサー:4.5
・シャープ:4.5
・デル:3.9
・富士通:3.5
・レノボ:2.5
・マイクロソフト:2.4
・任天堂:1.4

日本企業では東芝がトップ。
前回のレポートと比較するとLG、サムスン、デルの3社が点数を減じており、LGとサムスンはPVC(ポリ塩化ビニル)とBFRs(臭素系難燃剤)を2010年度までに撤廃する予定が果たせなかったためのペナルティとされています。

任天堂は11月のレポートに続き最下位で、点数は変わらず1.4点。
グリーンピースによれば、PVCをゲーム機内部の配線から除いた点は評価されるものの、フタル酸類アンチモン、ベリリウムなどの化学物質の廃止に関して期限を設定していない……とこれまでと同様の評価となっています。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

    【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

    『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

  3. 『遊戯王 マスターデュエル』“サレンダー狙いの遅延”に運営が対処―効果無効を使い対戦時間を延ばす行為が不可に

    『遊戯王 マスターデュエル』“サレンダー狙いの遅延”に運営が対処―効果無効を使い対戦時間を延ばす行為が不可に

  4. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『聖塔神記 トリニティトリガー』正式発表!特別体験版も配信開始

  5. ニンテンドースイッチの修理代が安くなる豆知識!任天堂が「オンライン修理受付」の手順を告知

  6. 『パワプロ2022』いつでもどこでもユニフォーム姿な「パワプロくん」がついに…?「初めて見たわ」

  7. 『スプラトゥーン3』では“個人の頑張り”にも大注目!バトル終了時の新要素「表彰」が公開

  8. 任天堂、次回ハードウェア登場時の“世代交代”に言及―スムーズな移行は「当社の課題の1つ」

  9. ニンテンドースイッチの充電が急速に減るなら、「改善手順」を試して―任天堂サポートが注意喚起

  10. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

アクセスランキングをもっと見る