人生にゲームをプラスするメディア

“折り紙殺人鬼”の連続誘拐殺人事件を止めろ!4人の思惑が交差する『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション3ソフト『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』を2010年2月18日(木)に発売します。

ソニー PS3
HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
  • HEAVY RAIN -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション3ソフト『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』を2010年2月18日(木)に発売します。



本作は、4人の登場人物たちを操作して通称“折り紙殺人鬼”による連続誘拐殺人事件の真相を暴くアドベンチャーゲームです。会話の種類、順序、細かい行動の違いでリアルタイムに展開するオムニバス映画のような世界、それぞれの視点で直面する試練、事情、次々に問いかけせまられる選択と判断が、プレイヤーに投げかけられます。

■Ethan(イーサン)
事故で息子を失い、不可解な幻覚と意識喪失に悩まされる父親。彼がかつて築いた楽しく暖かい家庭生活は崩壊し、街中では「折り紙殺人鬼」が暗い影を落とす中、残されたもう1人の息子であるShawn(ショーン)が姿を消してしまう。

■Madison(マディソン)
世間を騒がす「折り紙殺人鬼」の新たな被害者となったイーサンに近づく駆け出し新聞記者。不眠症に悩まされている。大胆な方法で容疑者や情報源に近づいていくが、危険にさらされることも。

■Jayden(ジェイデン)
FBIから「折り紙殺人鬼」を止めるために派遣された捜査官。心理プロファイリングと最新操作ツール“ARI”を駆使して事件に迫るが、“ARI”を使用する際に必要な薬の副作用が彼の身体を蝕みつつある。

■Shelby(シェルビー)
元警官の私立探偵。被害者家族たちから証言を聞き出し事件を追う。残された家族に共感し、おせっかいを焼く場面も。



まだまだ謎の多いゲーム『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』ですが、重厚な世界観とプロローグからかなり期待の出来る作品となっているようですね。来冬は殺人鬼を追って本ゲームを読みといてみてはいかがでしょうか?



『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』は、2010年2月18日(木)に発売予定で、価格は5,980円(税込)となっています。

(C)Sony Computer Entertainment Europe. Published by Sony Computer
Entertainment Inc. Developed by Quantic Dream
《石元修司》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:3』 メディア体験会ハンズオン…『バイオハザード RE:2』とは異なる方向性のリメイク作に

    『バイオハザード RE:3』 メディア体験会ハンズオン…『バイオハザード RE:2』とは異なる方向性のリメイク作に

  2. 『バイオハザード レジスタンス』メディア体験会レポ…βテストを経てさらに洗練された非対称オンライン対戦タイトル

    『バイオハザード レジスタンス』メディア体験会レポ…βテストを経てさらに洗練された非対称オンライン対戦タイトル

  3. 基本無料版250万DL突破の『DEAD OR ALIVE 6』に『DOAVV』から「たまき」の参戦決定―『ライザのアトリエ』コラボコスの配信も開始

    基本無料版250万DL突破の『DEAD OR ALIVE 6』に『DOAVV』から「たまき」の参戦決定―『ライザのアトリエ』コラボコスの配信も開始

  4. 『龍が如く7 光と闇の行方』紗栄子が「喪服」姿に!成り上がりをサポートする各種アイテムセット“無料DLC第4弾”配信開始

  5. 『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

  6. 本編をプレイしなければわからない “約束された怪作 ”『龍が如く7』【プレイレポ】

  7. 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』開発者インタビュー…「脱出」が共通のテーマとなる両作の秘密に迫る

  8. これまで描けなかったドラマを、春日一番で描く―『龍が如く7 光と闇の行方』名越稔洋氏インタビュー

  9. 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界

  10. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

アクセスランキングをもっと見る