人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始

ハドソンは、マイクロソフトのWindows Phone向けアプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」向けのゲーム配信を24日から開始しました。最初のラインナップは『ボンバーマン』『高橋名人の冒険島 復刻版』の2タイトルで、価格は600円(税込)。

モバイル・スマートフォン Android
ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
  • ハドソン、Windows Phone向けゲームの配信を開始
ハドソンは、マイクロソフトのWindows Phone向けアプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」向けのゲーム配信を24日から開始しました。最初のラインナップは『ボンバーマン』『高橋名人の冒険島 復刻版』の2タイトルで、価格は600円(税込)。

2タイトルは、iモード向けに配信されているタイトルを、株式会社アプリックスの自動変換ツール「Mobile Game Deployer(MGD)」を利用して開発することで短期間で新たなプラットフォームへの対応ができたものです。

「Windows Marketplace for Mobile」は10月6日から世界29か国向けにサービスが行われていて、ハドソンは日本以外でもスマートフォン向けビジネスを強化していきたいとしています。引き続きWindows Phone向けには随時タイトルを配信していくとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 手塚キャラを美少女化する『絵師神の絆』サイト&OP公開─「火の鳥」はツインテール少女、「アトム」のCVは釘宮理恵!?

    手塚キャラを美少女化する『絵師神の絆』サイト&OP公開─「火の鳥」はツインテール少女、「アトム」のCVは釘宮理恵!?

  2. 『ポケモンGO』シンオウ地方のポケモンがついにゲーム内に登場!新映像には「ギラティナ」の姿も…

    『ポケモンGO』シンオウ地方のポケモンがついにゲーム内に登場!新映像には「ギラティナ」の姿も…

  3. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

    『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

  4. 『FGO』10月のアップデート情報が公開―刻印済みのコマンドコード(★2以下)が上書き可能に!

  5. 『ポケモンGO』10月コミュニティ・デイで出現する「ダンバル」の特別わざは「コメットパンチ」に決定!

  6. コンパイルハート、手塚プロダクションも関わる新作『絵師神の絆』発表! 人気イラストレーターが競演

  7. 『ドラガリアロスト』新イベント「お菓子なハロウィンパーティーナイト」が10月17日より開催決定!報酬には限定施設が用意

  8. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  9. 実在する日本酒を擬人化したゲーム『萌酒ボックス』を応援するプロジェクトが「CAMPFIRE」にてスタート!

  10. ゲンガーってホント、火力がヤバいんです!こう使えばね【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る